2015年12月15日火曜日

シンガポール総括


今回のシンガポールはGWを利用しての実質2泊3日の旅。利用した航空会社は中国東方航空。

中国東方航空MU9822  大阪19:30発 上海20:40着
中国東方航空MU543 上海23:45発 シンガポール5:25着
中国東方航空MU566 シンガポール23:25発 上海4:55着
中国東方航空MU515 上海10:00発 大阪13:10着

上海経由での便だったが、これが失敗。まず関空から上海行きの飛行機が2時間遅れた。上海から使用機がなかなか来なかったのだ。上海の空港は非常に混み合っているため、特に夜の時間帯は遅延が発生しやすい。
なんとかギリギリ乗り継ぎ便には間に合ったものの、今度はシンガポールに到着した際、預け荷物が届いてないことが判明。人はなんとか間に合ったものの、荷物まで乗せる時間はなかったわけだ。
踏んだり蹴ったりのスタートだったが、まあこれも今となってはいい経験。預け荷物もちゃんとその日の夜にホテルまで届けてくれた。

シンガポールの物価は高いことで有名だが、それに比べてタクシーが初乗り約300円くらいとかなり安い。少しでも迷ったら、気軽にタクシーを利用すればよい。

ホテルはシンガポールにしては格安の1泊5000円ほどのホテルに宿泊。格安だけあって、ホテル自体に高級感は全然なかった。(利用していたのはなぜかほとんどインド系の人)。高級感のあるホテルに泊まりたかったら、最低でも1泊1万円のホテルに泊まる必要があるだろう。

セントーサ 島はユニバーサルスタジオに行くなら2日、行かないなら1日で十分。

今回旅が終わってだいぶ時間が経ってから、ブログを書くことになってしまい、ものの値段とかその時の気分とかあまり覚えておらず、詳細に記事を書けなかったことにすごく反省。なぜかあんまり書く熱が湧いてこなかった。次はしっかり書けるように楽しい旅にしないと。




2015年12月13日日曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜18


シンガポール旅もついに最後。飛行機は夜23時発の便なので、最終日まで満喫できるのはいいが、こうなってくると一つ問題なのは、最後にシャワーを浴びたいっていうこと。

しかし心配はご無用。さすがは世界一のチャンギ空港。いくつかの場所にシャワールームがある。

料金は日本円で2000円程度。余ったお金を利用するには丁度良い。僕が利用した時は3、40分ほど待った。ちゃんと飛行機の時間を考慮して、利用するかどうか決めたいところ。


シャンプー、ボディーソープは用意されている。



シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜17

老舗「文東記」と同じくバレスティア・ロードにある黎記海南鶏飯(ロイキーLoyKee)とう有名なチキンライス屋さんがある。これがこの度最後のチキンライスだ。


こちらも「文東記」と同じく、屋台ではなくちゃんとした店舗という感じ。


 こちらのチキンライスはセットになっていて、野菜、汁物付いてくる。タレもきれいな小皿に入っていて、高級感がある。

お値段は7ドル〜から。

公式ホームページも存在する。なかなか洒落たホームページで見ていて楽しい。
http://loykee.com.sg/

このバレンティア・ロードにはバクテーなどおいしそうなお店が並んでいるので、ぜひ訪れて欲しい。近くに地下鉄の駅はないため、ラベンダー駅くらいからタクシーで行くのがよい。

<お店情報>
黎記海南鶏飯
営業時間:7:00〜22:30
住所:342Balestier Rd.
電話番号:6252ー2318


2015年11月28日土曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜16


1日目に行ったけど、行列が出来すぎてて、しぶしぶ諦めた「天天海南雞飯」。しかし諦めきれず、この日に再挑戦。今度はお昼の時間をずらして来た。そしたらあまり混んではいなかった。


僕の中では、屋台系のお店では一番美味しい。値段も3ドルほどで安い。
チキンライスを食べたのはこれで6回目。全然飽きない!





2015年11月15日日曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜15

シンガポールのチャイナタウンにヤクン・カヤトーストというトースト屋さんがある。


1944年に開業したコーヒーショップ。ここの炭火で焼いたトーストに、カヤジャムを塗ったカヤトーストが美味しいと評判の店だ。


セットを頼むと、カヤトースト、とても甘いコーヒー、そして半熟卵が付いてくる。

半熟卵!?

僕はこれをそのまま食べるのかと思いきや、店員のおばちゃんが「こうやって食べるのよ」と言いながら、半熟卵のかき混ぜて、潰し、トーストをそれについた。

ええ、そうやって食べるのか!半熟卵はつけないで、そのまま食べたほうが美味しそうなのになー。

実際個人的にはそのまま食べたほうが美味しいような気がするが、本来はつけて食べるようなので、一度試してみてはどうだろうか。

カヤジャムがたっぷり入っている。

2015年10月11日日曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜14



3日目の朝はシンガポールに来たら、行っておきたいお店のひとつ、「ティラミス・ヒーロー」へやってきた。偶然にもホテルから徒歩5分ほどの距離にあった。


このお店には「アントニオ」という名前の猫キャラがいる。この可愛いのか可愛くないのかよくわからないアントニオがおいしいティラミスをお届けするという設定だそうだ。

店内のいたるところに彼の絵 が書かれている。



本当にどこを見てもアントニオがいる。それぞれ表情やポーズが違っていて、飽きない。


これがティラミスのメニュー。サイズが3種類に分かれていて、そのあと味を選ぶ。オリジナル味や、シナモン味、オレオ味、抹茶味と結構味のバリエーションが豊富である。


日本語のメニューもあるので、とても安心!


このカップに入っているのがこのお店の特徴。もちろんカップにもアントニオの絵が!


いうまでもなく、とてもおいしい。
食べ終わったら、このガラスのカップは持って帰ることもできる。とてもいい記念になる。
  

ちなみに店内でこんな写真も撮ることもできる。これもまたいい記念だ。


最後帰る時にも、アントニオがお出迎え。たまに日本各地でも期間限定販売しているようなので、食べたい方はホームページ等を要チェック!

2015年10月4日日曜日

週末海外!高雄に来たら絶対行っておきたい「鴨肉珍」


地下鉄「鹽埕埔」駅から少し離れたところにある老舗「鴨肉珍」。地球の歩き方で見て、見るからに美味しそうな写真が掲載されていたので、絶対に行こうと思っていた。

その日は雨にもかかわらず、すでに長い行列ができていた。


並んでいる間、 男たちが手際よくアヒルをさばいている様子をまじかで見ることができる。ああ、台湾って感じ。


エプロンが招き猫!?でかわいい。


こちらが定番の鴨肉飯。アヒルの肉と小さな豚肉の角煮入りのタレがたっぷりかかっている。もう見ただけでも、絶対に美味しいとわかる!!

もうここは高雄に来たら、絶対に行ってほしいお店。

〜「鴨肉珍」お店情報〜
住所:高雄市新楽街231ー2号
定休日:不定休
営業時間:9時〜23時

週末海外!瑞豐夜市


地下鉄「巨 蛋」駅から歩いて数分のところに瑞豐夜市がある。六合国際夜市に比べて地元の人が多く、マッサージやピンボールなどのゲームも多い。


手作り感がすごくてシンプルなピンボール。



今や有名となった台湾のフライドチキン。150円くらいでおなかいっぱいになる程の大きさ。

定番の台湾料理、ドリンクは一通り揃っているので、いろいろ食べ比べできる。

<<続く>>

2015年9月22日火曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜13

ナイトサファリを終えた後、予想外で良かったのは帰りのバス。市内のいろんなところに停車してれるバスがあるのだが、それの2階に座れば、シンガポール市内のきれいな街を堪能しながら、帰ることができる。ついでに風も当たって、とても気持ちが良い。













なぜか車内は不気味な青紫だったが。

2015年9月19日土曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜12

ファイヤーショーを見終えたところで、いよいよメインのナイトサファリへ。しかしみんながみんなファイヤーショーを終えたところで、入り口に向かうため、長蛇の列ができてしまう。僕らがトラムに乗れるまで一時間ほどかかってしまった。そういう意味では予約制の日本語トラムに乗るのもありかもしれない。

僕らがトラムに乗り始めた時には、あたりはすでに真っ暗。人工的なライトもほとんどないため、正直言って動物はかなり見えにくかった。

暗いし、トラムに乗っているので写真を上手にとるのは至難の技だ。


ナイトサファリは少し薄暗い程度の時に見るのが一番よい。しかしそのためにはファイヤーショーをパスしなければならない。これがなかなか難しいところである。

<<続く>>


2015年9月12日土曜日

シンガポール〜チキンライス食べ比べの旅〜11

シンガポール動物園にはナイトサファリ以外にもう一つ夜のビッグイベントがある。午後6時から始めるファイヤーショーだ。


筋肉質の3人の男が登場し、それぞれが火のついた棒を持っている。いや、持っているだけではない。


吹く!


吹く!!!


火を吹く!!!!!

火を吹く旅に大勢の観客は「わー!」の大歓声。しかもこのショーは入場する前なので、誰でも無料で見ることができる。

動画はこちら。


火を勢いよく吹く姿もかっこいいのだが、次の動画にあるずっと火を消さないパフォーマンスも見ものである。


<<続く>>