2016年4月10日日曜日

週末海外!台北でUBER

小籠包のあと、僕がかき氷を食べたいと言ったので、一緒にいた友達はそれがある信義区まで連れてってくれた。しかもUBERを使ってそこまで行った。彼女はよく利用するらしい。なんかすごい先進的だなー。

台北ではUBERはとても一般化していて、(僕ものちに一人で利用することになるのだが)、アプリを起動してみると、その辺にうじゃうじゃ車がいる。乗る前にドライバーの顔、車種などを確認できる。彼女いわく、タクシーよりも安いし、ドライバーもとても親切だという。

支払いは事前に登録しているクレジットカードで支払い、その場で支払う必要はない。また降りた直後に走った経路がメール送信されるため、遠回りされる心配もまあない。

これは後日僕が一人で乗った時。この時は深夜料金だったので、通常の1.5倍の料金。
ただ少し注意点。自分一人で乗った時、ドライバーさんに言われたのは、「台北でUBERは本当は認められてないから、もし警察が訪ねてきたら、絶対に『UBERを利用してます』とは言わずに、『僕達は友達です』と言ってね」とアドバイスされた。皆さんも海外で利用する時はその国で合法なのかどうか確かめた方がいい。そういえば日本ではどうなんだろう。


0 件のコメント:

コメントを投稿