2016年3月31日木曜日

週末海外!杭州小籠包

2日目のお昼、この日は台湾の友達と「杭州小籠包店」でご飯を食べる約束をしていた。最寄駅の「東門」から歩いて10分弱、お店に到着したが、そこにはすでに日本人の行列ができていた。昔は鼎泰豐より安くて美味しいと小籠包屋さんがあるという隠れ家的な存在だったが、今ではすっかり有名なお店になってしまった。


まず到着したら、店員さんに声をかける。すると番号を記載した注文票をくれるので、その番号が表示されるまで待つ。列を作って待つ必要はない。メニュー表も同時にくれるので、待っている間、選ぶこともできる。

日本語もあってわかりあやすい。

僕が受けとった番号は120番で、その時点で90番くらいだった。その間に友達とも合流し、30分くらい待ったところで、店内に入れた。

とりあえず美味しそうな小籠包は全部注文!


料理が到着してから、少し注文しすぎたことに気がついたが、それでも料理の種類は多いほうがやはり楽しい。小籠包以外にもいろんな美味しそうなメニューがあるので、いろいろ試してほしい。ちなみにテイクアウトも可能。




0 件のコメント:

コメントを投稿