2016年1月5日火曜日

年末年始海外!ヨーロッパ1日1都市の旅!~ドイツへ向けて出発~

朝7時45分、東大阪の長田から関空行バスに乗る。あまり知られていないが、布施、長田~関空という路線のバスが出ている。1時間弱で関空に到着する。便数は少ないが、このあたりに住んでいる人にとっては便利かもしれない。


時刻表:http://www.kintetsu-bus.co.jp/airport/routelist/route_fuse.html



今回の旅のために、歩きやすいように、また寒さをしのげるように、出発一週間くらい前に、厚めのスニーカーを購入したのだが、少しサイズが小さいのか、歩くと小指の付け根がだんだん痛くなってきた。あーしまったなー。この前出張で香港に行った時も、直前に新しい靴を買って、靴擦れを起こしたばかりなのに。全然過去の経験を生かせてない。本当にこういう自分が嫌になる。



関空へ到着し、チェックインカウンターへ。以前友人にビジネスクラスへチェックインするときにアップグレードすれば、案外安い追加料金でアップグレードできると聞いたことがあったので、「追加料金でアップグレードできますか?」と尋ねてみた。そうするとビジネスクラスではなかったが「プレミアムエコノミーシート」という席に3万円で変更できるという。リクライニングがより後ろまで下がり、足元も広いそうだ。一瞬迷ったが、3万円の価値はないかなと思いそのままにした。



出発前にユニクロで靴下を2足セットを買った。通常の店舗はたいてい3足セットなのだが、空港の店舗だけあって、さすが2足セット、1足のみで売られていた。よく考えられている。それから3coinでもスリッパを購入しておいた。なんせ12時間の飛行機に乗るのは初めて。ずっとスニーカーはつらい。



少し驚いたことに、イミグレーションを通過した後にいつの間にかファミリーマートができていたこと。以前から売店はあったが、お土産が中心で、おにぎりや弁当などの種類が少なかった。ファミマは食料補給にとても便利である。









いよいよ出発。初のルフトハンザ航空。制服もかっこいい。ここでちょっとWIFIサービスの話をしておこう。機内には有料にはなるがWIFIサービスがある。


 





1時間9ユーロ、4時間14ユーロl、24時間17ユーロ(飛行時間が12時間なので、12時間コースをつくってほしいところだが笑)となっているが、キャンペーンでPAYPALで支払えば、24時間12.75ユーロで利用できる。ちなみに中国領土上では法律上利用できない。先に言ってしまうと、僕は帰国の便でこのWIFIサービスを利用した。12時間ひたすらブログなどを書いてしまおうと思ったが、ただ正直言ってネットのスピードは遅いし、途中で何度も切断されてしまった。とても快適な利用というわけではなかった。結局一件トリップアドバイザーの口コミを書いただけで終わってしまった。


ひとつ不思議なことがある。イヤホンの差し込む部分は2本になっているのに、差込口はひとつしかない。つまり左を挿せば左からしか聞こえないし、右を挿せば右からしか聞こえない。なぜこのようなことになっているのだろう。そのほうが客室乗務員が声をかけたとき、聞こえやすいからだろうか。誰かこのあるある知っていれば教えてほしい。


なぜが差込口がひとつしかない。


<<続く>>









0 件のコメント:

コメントを投稿