2015年9月6日日曜日

週末海外!台湾最南端「鵝鑾鼻」


2時間掛けて、せっかく台湾一のビーチに到着したものの、悪天候で海は大荒れ。これでは何の楽しみもない。

急遽計画を変更し、台湾の最南端「鵝鑾鼻(ヲールアンビー)」へ行くことに。漢字はすごく難しいが、すごく視覚的に覚えやすい名前ではある。ローカルバス墾丁街車バスでの最終駅だ。


バスで15分ほど、鵝鑾鼻公園に到着。天気はよくなかったが、お客さんはそこそこいる。


入場料は40元。この灯台がシンボルのようだ。



公園内は結構広い。全部歩き回ろうとすると最低一時間くらいはかかる。



入口から、灯台へは歩いて10分ほど。坂を登らなくてはならないので、結構キツイ。


別の方角を見れば、そこはもうバシー海峡。台湾の最南端に来たんだと、実感できる。


これといって絶景というのはないが、熱帯植物に囲まれたり、洞窟っぽいところを歩いたり、自然が好きという人は向いているかもしれない。上の写真はキスしているように見える岩として写真スポットになっている。

まあ僕の場合、途中で大雨が降ってくるは、滑って転んでズボンが汚れるはで大変な目に遭ってしまった。

<<続く>>


0 件のコメント:

コメントを投稿