2015年1月25日日曜日

週末海外!アジアティック・ザ・リバーフロントへ船で向かう

バンコクに戻り、アジアティック・リバー・フロントという2012年に出来たばかりの巨大ナイトマーケットへ向かう。最寄りの駅まで行き、そこからタクシーで行く予定だったが、彼女からの提案で、船で行くことに。地球の歩き方でちゃんと下調べしたいたはずなのに、船で行けるとは全く気がつかなかった。はやりパートナーがいるというのは心強い。

鉄道の駅から、とりあえず川沿いを目指す。グーグルマップを頼りにとりあえず川がある方向を目指すが、これがなかなかたどり着けない。ふたりとも方向音痴なのだ。高速道路の真下に来て、一度地図で確認し、少し川への方向からずれていることがわかり、いったん駅へ戻ったりもした。

川へ向かっていると確信してからも、暗くて人通りのない道をずっと歩いていった。お店も何もない。想像以上に距離があるのか、なかなかたどり着かない。不気味な道をひたすら歩いていく。

しばらくすると希望の光が見えてきた。マクドナルドが現れたのである。それを境に街が変貌する。隣接された建物に入ると、そこはもう高級感漂う空間だった。どうやらここはホテルのようだ。

とりあえず僕ら二人は清潔な空間を発見したところでお手洗いに。やっぱりこういうきれいなところで済ませておきたい。

船乗り場はどこかと探しながら、中に進んで行くと、ホテルのフロントに到着。ここではじめてここがシェラトンホテルだということがわかった。よしフロントに聞いてみよう。英語で「船乗り場はどこですか?」と聞くと、地球の歩き方を持った僕を見て「日本語で大丈夫ですよ」と言われた。そのスタッフは日本人だったのだ。通りでとびっきりの笑顔で応えてくれたわけだ。

アジアティック・リバー・フロントの行き方を尋ねると、その日本人は「ホテルの無料の船が出ているので、それでサパーン・タークシンというところまで行ってください。さらにそこからアジアティック行きの公共の無料の船が出ているので、それに乗ってください」とのこと。

ホテル専用の船かー。ここに泊まってるんじゃないんだけど、大丈夫なのかなー・
「あのー、僕たちここの宿泊者じゃないんですけど、そのホテルの無料の船というやつに乗っちゃって大丈夫なんですかね?」と確認すると、そのスタッフは「あ、そうだったんですね。まあ、しらーっと乗っちゃってください!」とのことだった。

お言葉に甘えて僕たちは高級ホテルの船で途中まで向かうことになった。

その船は小型ながらも、高級ホテルのものらしい高級感のある内装だった。木目調に真っ赤なソファー。なぜか一昔前のヨーローパにいるような気分。




出発する時間となり、船はゆっくりと上品に進んで行く。外を眺めると、チャオプラヤ川沿いに高級ホテルが建ち並んでいるのがわかる。そうか川沿いはホテル街だったのか。夜になると、ライトアップもされ、とても輝かしい場所となる。



<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿