2014年5月16日金曜日

ママチャリで琵琶湖一周してきました④

・自転車で日本一周中の青年と出会う

スタートして1時間半が経過した後、僕たちはすでに琵琶湖沿いの道を走っていました。間近で見る琵琶湖はそりゃあとてつもなく大きくまるで海のようでした。本当に一周できるのだろうか?と心配になりながら走っていたその時、僕たちはある青年と出会いました。

自転車に乗ったその青年は僕たちの後ろから走ってきて、あっという間に僕らを追い抜いて見えないところまで行ってしまいました。彼の姿を見たのは数秒でしたが、彼の自転車の後ろには段ボールがあって、そこには「日本一周旅」と大きく書いてあるのが見えました。自転車で日本一周!?琵琶湖一周の僕たちより何十倍も時間のかかる旅ではないか!自転車で日本一周、たまに聞いたりはするけど、実際している人に出くわすなんて思ってもいませんでした。

段ボールの「日本一周旅」の下には彼のTwitterのアカウント名が書かれてありました。気になった僕は彼あてに「今あなたの後ろを走ってます。頑張ってください!」とツイートしました。すると、なんと彼は僕らの数十メートル先で停まってくれていたのです。僕のツイートに気づいたようでした。

「こんにちは」と声をかけると、「もしかしてTwitterでメッセージくれた人ですか?」ととても素敵な笑顔で返事をくれました。彼は僕と同世代の24歳。顔や手の甲など露出している部分がすでに真っ黒でした。長崎県在住で長崎県からスタートし、約20日目でここ琵琶湖沿いを走っているとのことでした。

「京都で5日間くらい滞在したので、実質15日間ですね」。長崎から滋賀まで自転車で15日間かあ。もし自転車で長距離旅をするなら、この値はとても参考になります。もちろん彼の自転車は僕らのようなママチャリではなく、もっとプロフェッショナルなもので、それで15日間ということですが。

僕は彼の自転車に装備している荷物に興味がわきました。自転車の荷台部分にはパンパンに入ったサイドバッグがぶら下がっていました。自転車の旅ではこんな風にバッグを装着するのかあ。そのサイドバックの上には丸まったマットがありました。なんと彼は基本的に野宿で、道の駅など寝やすいところを見つけて一晩過ごすそうです。そしてそのマットの上にはなんと太陽光パネルがありました。6時間太陽にさらしておけば、iPhone1回できるとのことです。なんとも野性的な旅です。

自転車の荷台は荷物でたくさん。大好きだというふなっしーも
彼は僕たちにノートに自分の夢を書いてほしいと頼みました。旅で出会った人たちにみなお願いしているのだそうです。そしてボードを持った僕たちの写真を撮影しました。後日それらの写真を元に動画を作成するとのこと。どんな作品になるのか非常に楽しみです。ちなみに彼の夢は消防士になること。きっと彼なら勇敢な消防士になってくれることでしょう。

あまり時間を取らせては悪いので、ここでお別れ。最後に2人で記念撮影。機会があれば、彼とはぜひまた出会ってみたいと強く思いました。日本一周しているので、僕が住んでる関西にも戻ってくるはず。再び会うとき、彼がどのくらいたくましくなっているのか楽しみです。


2014年5月12日月曜日

ママチャリで琵琶湖一周してきました③

・いよいよスタート

守山駅で自転車をレンタルしたので、スタートは必然的に守山になります。駅があるところは琵琶湖から少し離れていたので、まずは琵琶湖に近づくよう走って行きました。いよいよママチャリでの琵琶湖一周の旅の始まりです。このとき朝7時20分、早い。

自転車の旅をするにあたって、あらかじめ自転車にiPhoneを装着する為の器具を購入していました。これでいちいちポケットから取り出す必要はなくなります。小さいことですが、これが結構便利なのです。なぜなら自分の今の位置を確認するのに、頻繁にスマホでマップを起動するからです(僕はとても方向音痴なので)。ただマップを見ながらの走行は危ないので、見るときは一旦停止しましょう。



スタート直後、何か見覚えのある「R」のロゴが。そうここは立命館。こんなところにキャンパスがあったんだと思ったら、付属中学・高校だった。中学からこんなきれいでうらやましいなー。

立命館守山中学校・高等学校にて


しばらくすると、商店街や学校を通り抜け、辺りは民家と田んぼだけになりました。ちょうど川にたどり着いたので、その川に沿って走って行くことにしました。


何も障害物がないところをひたすらまっすぐ走って行くというのは大変気持ちの良いもんです。大阪ではなかなか味わうことはできません。

2014年5月9日金曜日

ママチャリで琵琶湖一周してきました②

・自転車をどこで借りるか

僕たちは守山市の駅リンくんというレンタサイクルの自転車を利用しました。元々はロードバイクを借りて一周しようと考えていたのですが、予約するのが遅く自分たちのサイズにあったロードバイクがすでになく、やむを得ず、ママチャリで一周することになりました。

守山駅のレンタサイクル「駅リンくん」
この守山駅の「駅リンくん」は当日だけでなく、複数日借りられるということで、琵琶湖一周に適していたので、ここに決めました。しかもロードバイクなら3日間で約8000円かかるところ、ここのレンタサイクルはなんと1日310円という格安さでした。

こちらでは70、80台の自転車を保有しており、数にはかなり余裕がありますが、部活動の団体などが一斉に利用する場合があるため、なるべく早い時間帯に着いてレンタルすることをお薦めします。僕たちは営業開始時間が午前6時30分のところ、7時には到着していたので、余裕でレンタルすることができました。ちなみにこちらでは予約はできません。

きれいに並べられた自転車
こちら以外にもレンタサイクル屋さんは多数あると思います。どこで借りても良いと思いますが、2日以上借りられるかどうか、また台数は十分な余裕があるかどうか、あらかじめ電話で問い合わせてみる必要があるでしょう。



ママチャリで琵琶湖一周してきました①

5月3、4、5日と海外の旅ではありませんが、自転車で琵琶湖一周してきました。マラソンと似て、無心になって走ることができ、仕事とかのイヤなことなんか忘れてしまいました。とても良い経験になったので、ぜひこの経験をシェアしたいと思います。しかも今回はロードバイクなどではなく、普通の自転車、いわゆるママチャリです。琵琶湖一周したいけど、ロードバイクを買う余裕がない、ママチャリでも琵琶湖一周できるの?っていう方、ぜひこのブログを参考にしてください。

・ママチャリでも一周できるの?

まずは気になるこの話題からお話ししたいと思います。ママチャリでも琵琶湖一周できるのか。簡単に言ってしまえば、ママチャリでも十分可能です。だって僕でさえも一周できたのですから。とはいってもお前のこと知らんし!って感じなのですが、僕は特に運動部にも所属したことないちょっと細めの25歳です。特に身体が弱いという人でなければ、全く問題ないと思います。もっと勇気づけられることを言えば、僕は今回彼女と一緒に走りました。彼女も運動部経験のない、普通の24歳の女の子です。彼女でも難なくできたのですから、ママチャリでの琵琶湖一周は多くの人にとって達成可能だと思います。

ただママチャリはロードバイクなどに比べて速度が出ません。今回も走っているとき、何回もロードバイクの人たちに抜かされました。なのでママチャリで一周するにはある程度余裕を持った日数が必要になります。朝から夕方まで走って、1日60キロメートルが目安になります。琵琶湖一周は約180キロあるので、最低でも3日は必要だと考えます。僕たちも今回は2泊3日で走りきりました。

また心配されるのが、タイヤがパンクしないかどうか。今回の経験でいえば、パンクはありませんでした。これは僕の肌感覚ですが、ママチャリといえども、180キロくらいなら問題はないようです。ただパンク対策として、乗る前に空気がちゃんと入っているか確認する、タイヤがすり減っていないか確認する、でこぼこ道はできるだけ走らないなど常にパンクが起こらないように意識しておくことは大切だと思います。

自分の身体にも気を使わなければなりません。比較的簡単に達成可能な琵琶湖一周ですが、身体への負担は少なからずあると思います。筋肉痛は絶対に起こるでしょう。僕も彼女も1日目で太ももや膝のあたりが痛くなりました。寝る前に湿布を貼るなどして、翌日の向けてしっかり身体を整える必要があります。

あとは根気、諦めない気持ちを持つことが大切です(自転車をレンタルしているので、そもそも諦めるという選択肢はないわけですが)。そしてサイクリング自体を楽しむこと。一周していると、道の駅やお花畑、彦根城でひこにゃんに会うなど寄り道できるところはたくさんあります。自分だけの一周ルートを作り、琵琶湖一周を楽しみましょう。


2014年5月7日水曜日

香港の休日

出張1日目、少し時間ができたので、ホテル近くの公園へ。

公園へ向かう途中、足場が竹になっている工事現場を発見。


香港では今でも竹が使用されていると聞いたことはあったが、実際こうして生で見ると、何とも折れそうで心配で、ある意味大迫力である。

実際竹を触ってみたが、確かに頑丈でびくともしない。

僕が訪れた公園は賽馬會德華公園という公園で地球の歩き方にも記載されている。池や東屋などがあり、いかにも中国らしい公園だ。




 この日はイースターホリデーの1日目で、香港は休日。公園では将棋を楽しむおじさん達で群がっていた。


すでに将棋の台が公園に備え付けられているという優れもの。これなら手軽にできるし、地域住民との交流にもなる。すごく良いアイデアだと思う。


地面まで、将棋になっとる。そんなに将棋好きなんだ、香港の人って。


子供が遊んでいたので、写真を撮らせてもらった。不思議なのが、どんなに小さい子供でもカメラを向けると、ちゃんとカメラ目線になってくれる。だからとても良い写真が撮れるのだ。