2014年12月23日火曜日

週末海外!パッタイの有名店「ティップサマイ」


パッタイの創始と言われているお店「ティップサマイ」でお食事。

店内はすでに満席で、僕たちは並ぶことに。すぐに食べてすぐに去るという回転率の良い料理でもなさそうだし、いったいいつまで待たされるのだろうか。

そう思っていた矢先、路上のテーブルが開放され、並んでいた僕たちを案内し始めた。路上にずらーと並んでいたテーブルと椅子はこの店のものだったのだ。さすがは有名店。

料理を注文して、最初に出てきたのが、謎の生野菜。日本の居酒屋でいうお通しのような存在なのだろうか。しかしこれをいったいどう食べろというのだ。生のもやしに、生のネギ、などすべて生の野菜たち。このあとに鍋みたいなものでもでてくるのか!?


驚いたことに、隣のおじさんが、この生野菜をパッタイと一緒にものすごい勢いでバクバクと食べている。やっぱりこれは生で食べるものなのだ。それも見て僕も挑戦してみるが、やはりもやしやネギを生で食うのはかなり苦痛そのものだった。これはもうそおっとしておこう。


これがタイ風やきそばと言われるパッタイ(80バーツ)。麺を卵で包んだのがこの店定番のメニューだ。麺が真っ赤だったので、ケチャップのような濃い味がするのかと思いきや、結構あっさりしている。ライムが備え付けられており、またテーブルには唐辛子などの調味料が置かれているので、それらをかけて、自分好みに味を変えるのも楽しい。


う一品、少々お高いパッタイも頼んでみた(200バーツ)。麺の上にはカニ、エビがたくさん!

でも正直なところ、上にある具材が違うだけで、麺の味自体は80バーツのものと全く同じだった。エビやカニもそんなに美味しいわけではないので、個人的にはあまりおすすめはしない。


逆におすすめしたいのが、このオレンジジュース。食感を楽しめるほど、みかんのつぶつぶがたくさん入っていて、美味しい。甘さも日本で飲むものとは一味違う。氷入りのカップもくれるのだが、心配な人は使用しないほうが無難。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿