2014年12月22日月曜日

週末海外!パッタイを目指す

ディナーであるパッタイのお店に向かうために、ホテルを出る。お店までどうやっていくか詳しくはわからなかったが、とりあえず、お店から一番近い地下鉄フアラムポーン駅へ到着。


外へ出ると、鮮やかな香港風ラーメン屋さんがお出迎え。なかなか凝った絵だ。


ここは鉄道の駅・クルンテープ駅がある場所でもある。海外の鉄道の駅を見ると、かなりテンションが上がる。翌日はここからアユタヤへ行く予定だ。

スマホのグーグルマップは見ながら、パッタイのお店を目指している途中、立派なお寺に遭遇。お店が開店するまで、まだ時間があるので、ちょっと寄ることに。


ここはワット・トライミットと呼ばれるお寺。


中には黄金の仏像が安置されている。みんなここでひざまずき、お祈りをしている。


何かお願い事を書いているのだろうか。それにしてもこんな感じでお金貼ってたら、誰か取って行ってしまいそう。

再びパッタイのお店を目指す。開店時間の6時に近づいてきたのだが、歩けど歩けど、まだまだお店にはたどり着けそうにない。こうなればもうタクシーだ。海外のタクシー嫌いだった僕もだんだんよくタクシーを利用するようになってきた。時間はやはり大事だ。

店名はティップマサイというのだが、『地球の歩き方』にはタイ語での名前は載っていないので、これでは指差しは使えない。僕はドライバーに「ティップマサイ、パッタイの有名なところです」と英語で言ってみるのだが、なかなか通じない。するとドライバーはなにやら電話を掛けだし、誰かが出たところで、僕に差し出した。どうやら英語の話せる人につなげてくれたらしい。今度は電話の向こう側の人に「ティップマサイ、パッタイの有名なところです」と言うと、「オッケー、オッケー」と言う返事が返ってきた。これで一件落着。


トラブルもなく、無事にパッタイの有名店「ティップサマイ」に到着。すでにお店の前には行列が!

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿