2014年11月28日金曜日

週末海外!早朝4時にバンコクへ到着。まずはSIMカードを購入

土曜日午前0時20分、僕たちを乗せたエアアジアバンコク行きXJ611便は定刻通り飛び立った。そして定刻通りタイ時間午前4時に無事到着。僕の経験上、ピーチやジェットスターに比べ、エアアジアはあまり遅延する印象がない。さすがエアアジアは格が違う。

それにしても午前4時に到着するということを僕は完全に忘れていた。普通に空港からバスで市内に向かおうと考えていたのだが、彼女に「こんな時間にバスなんかないやろ!?」と言われ、それに気がついた。

それはさておき、バンコクに到着したら、まずしたいことが一つあった。SIMカードを購入することだ。僕は今年の5月にiPhoneからSIMフリーのスマホに切り替えた。なので海外に行ったら、現地のSIMカードを手に入れて、いつでも自由にスマホを使ってみたかった。

早朝ということもあり、お店が開いているかどうか心配だったが、すぐに売っているお店を発見。見てみると、いろいろSIMカードのタイプがあったが、手頃そうな「299バーツで7日間3Gインターネット(制限なし)」のタイプ選んだ。購入するとお店のおばさんが「スマホ貸して」と言い、初期設定をすべてやってくれた。


設定してくれたお店のおばさん
今回購入したSIMカード
さて、バスがまだ走っていないことがわかり、唯一の手段はタクシー。海外のタクシーはぼったくられる可能性が高いので、あまり好きではないのだが、今回のタクシーはちゃんとメーターを使ってくれたし、とても親切なおじさんだった。市内までは145バーツ。それに手数料50バーツプラスして、合計195バーツ。だいたい700円だ。

目的地は戦勝記念塔付近。ここからロットゥーというミニバスに乗ってアムパワーとメークローン市場に行く予定だった。運転手さんに「これからどこ行くの?」と聞かれ、「バスでアムパワーで行く」と伝えた。すると運転手さんは道行く人に「アムパワー行きのバスはどこ?」と聞いていってくれて、バスステーションまでちゃんと連れてってくれた。最後まで本当に親切だった。当たりのタクシー運転手だ。

<続く>





0 件のコメント:

コメントを投稿