2014年9月27日土曜日

昆明長水国際空港を経由する

今回カンボジアから大阪まで帰る際、中国の昆明にある昆明長水国際空港を経由しました。この航空券を購入するまで、全く知らなかった空港ですが、今後東南アジア等へ向かう際、重要な経由地となってきそうな予感がするので、簡単にこの空港の説明と昆明経由で宿泊が必要になった場合のホテルの紹介をします。

・2012年にできた新しい空港

昆明長水国際空港は2012年6月28日に開港した新しい空港です。北京、上海、広州に次いで4番目のハブ空港としての活躍が期待されており、主に西方面への国際線を増やしていく予定だそうです。中国東方航空の拠点にもなっています。またターミナルも大きく、北京首都国際空港の第3ターミナルに次いで、2番目の規模になります。

とてもきれいな空港。
・昆明経由で宿泊となった場合の便利なホテル

僕が利用したのは夜8時頃に昆明に到着し、翌日朝8時に出発するというフライトでした。ですので一度昆明にて出国し、ホテルで宿泊する必要がありました。もしかしたら同じような経験をされる方もいらっしゃるかもしれないので、その方のために今回僕が宿泊したホテルを紹介します。

宿泊となった場合便利なのは「昆明机场宾馆(Kungming Airport Hotel)」というホテルです。(中国語で机场は空港の意味で、宾馆はホテルという意味です)。その名の通り空港から近くのところにあります。

まずホテルの予約方法ですが、「チャイナクラブ」というサイトから予約できます。このURL:http://www.china-club.jp/ChinaHotel-Kunming-78345.htmlから入って頂ければ、このホテルの予約ページに直接飛ぶことができます。支払い方法は現地に到着した際の現金払いとなります。僕が宿泊した際は一部屋一泊300人民元程度でしたが、デポジットとしてプラス100元をいったん支払わなくてはならないため、人民元は多めに持っておく必要があります。チェックアウトの際に100元は戻ってきます。

次に空港からホテルまでの行き方を紹介します。もちろんタクシーで行ってもいいのですが、安く抑えるなら、空港周辺を周回しているシャトルバスが便利です。料金は確か1人3元ほどです。そのバスに乗って、運転手さんに「Airport Hotelまで行くので、着いたら教えてください」と行っておけば 、安心です。

しばらくバスが走ると「机场宾馆」という大きな文字が見えてきます。ホテルはまさにここです。この看板が見えた時点では、このホテルは道路を挟んで反対側にあるかと思います。そしてこのホテルを一旦通り過ぎる形になるのですが、その後バスがUターンしてホテルの前まで来ることになるのでご安心ください。

大きな文字でとてもわかりやすい
ロビーはこんな感じです。↓

ホテルの館内

奥にあるのは売店
いわば普通のホテルなので、とてもシンプルですが、古くて汚いといった感じではありません。スタッフの対応も非常にしっかりしています。売店もあるので、ジュースやカップラーメンなど簡単なものは買う事ができます。部屋の中はアメニティーなど基本的なものは揃ってます。飲料水サーバーもあり、お湯も出ます(僕はそのお湯でカップラーメンを食べました。久々の中国のカップラーメンは美味しかったです)。

さて翌日の出発日ですが、まず朝食があります。ホテル内にあるレストランで食べる事ができます。バイキング形式なのですが、餡なしのまんじゅう、トウモロコシを茹でただけのもの、ゆで卵などかなり質素なものばかりで、ちょっと残念でした。特にお腹が空いていないのなら、食べなくてもいいかもしれません(笑)。

次に出発ですが、30分単位で空港へのバスが出ているので、自分のフライト時刻に合わせて乗ってください。

以上簡単に説明をさせていただきました。これから長水国際空港がアジアを代表するハブ空港となっていくのか、非常に楽しみです。


0 件のコメント:

コメントを投稿