2014年9月25日木曜日

アンコールワットへの道22〜カンボジアのオシャレカフェ「ブルー・パンプキン」〜

最終日の朝、僕たちはこの最後の日、どこへ行くか決めかねていた。朝食を食べながら相談した結果、日本人がよく行くというベン・メリアに決めた。ホテルの人にベン・メリアまでの車を手配してもらう事に。

しかしそのベン・メリアが予想以上に遠い。ホテルの人に聞いてみると、車で約1時間かかるという。移動時間、観光する時間を考えると、飛行機に乗る時間ギリギリなる。僕は過去に調子に乗りすぎてしまって飛行機に乗り遅れてしまった苦い過去がある。また同じことを繰り返すのはゴメンだ。しかもタクシーをチャーターして行く場合、60ドルもするという。

というわけで、最終日は市場でショッピングをすることに。1発目は彼女があらかじめ調べていた候補のひとつ「blue pumpkin(ブルーパンプキン)」へと向かう。

場所は昨日夕食を食べたパブストリート周辺。明るい時に行くとまた雰囲気ががらっとかわる。夜に比べると人の数は減り、のどかな感じになる。

タクシーの運転手とは1時半に再び会う約束をし、カンボジアのカフェ「ブルーパンプキン」へと潜入。




入ってビックリ。店内がカンボジアとは思えない程オシャレだった!


ケーキも日本で売られてるものと変わらないくらい立派にできてる。どれも美味しそうだ。1階にはケーキ、パンの販売、隣の部屋では雑貨等の販売もある。

お皿やコップも売ってる。

雑貨の方の店内。
2階がカフェとなっている。

2階の様子


まだ早いこともあってか、僕たち以外誰もいない。それにしても本当に清潔感漂う、居心地の良い空間だ。ここでチョコレートケーキとアイスクリームを注文。メニューも写真があってわかりやすい。

人もいないし、ゆったりした時間を甘いスイーツを食べながら過ごす。アンコールワットとはまた違う楽しみ方ができる。

<<続く>>





0 件のコメント:

コメントを投稿