2014年8月31日日曜日

アンコールワットへの道⑧〜上海リニアに乗る〜

友達のホテルを離れる。
「もし飛行機に乗れなかったら、また戻ってくる。たぶん80%の確率で戻ってくると思うけど」と友達に告げた。
「いや、99%だと思う」と彼女は付け加えた。

僕らは駄目もとで空港へ向かった。浦東国際空港へはリニアが走っているということなので、どうせなら記念にそれに乗って行くことに。

地下鉄で「龍陽路」駅まで行き、そこからリニアの駅に乗り換える。龍陽路〜浦東空港は約30キロメートルあるが、それをわずか7、8分で結ぶ。最高速度は時速400キロだが、時間帯によっては時速300キロで走る。料金は普通席が50元。当日飛行機を利用する人は飛行機のEチケット等を見せれば、40元になる。


上海リニアのレール


素人の僕から見れば、レールがとても簡素なのが驚かされる。この上で時速400キロの物体が走り抜けるとは到底思えない。


しばらくしてリニアが来た。デザインはそれほどかっこよくなかったが、扉の開き方とか各車両ごとに1人の乗務員がいる点でリッチ感がある。

このとき乗客はそれほど多くなく、各車両に数人乗っている程度だった。座席の幅も広く、とてもゆったりできる。

各車両の前方には速度表示があり、発車直後から速度計はどんどん上がって行く。あっという間に時速100キロ、時速200キロ、そして時速300キロまで到達した。どうやら僕たちが乗った時間帯は時速300キロで運行するようだ。


 走行中、揺れは感じられなかったが、結構傾いている時があるので、初めて乗る僕は少しヒヤヒヤした。それでもあっという間に到着してしまう上海リニアにはとても感動した。関空へ行くまでにもこんなのがあればいいのに。

<<続く>>






0 件のコメント:

コメントを投稿