2014年5月9日金曜日

ママチャリで琵琶湖一周してきました①

5月3、4、5日と海外の旅ではありませんが、自転車で琵琶湖一周してきました。マラソンと似て、無心になって走ることができ、仕事とかのイヤなことなんか忘れてしまいました。とても良い経験になったので、ぜひこの経験をシェアしたいと思います。しかも今回はロードバイクなどではなく、普通の自転車、いわゆるママチャリです。琵琶湖一周したいけど、ロードバイクを買う余裕がない、ママチャリでも琵琶湖一周できるの?っていう方、ぜひこのブログを参考にしてください。

・ママチャリでも一周できるの?

まずは気になるこの話題からお話ししたいと思います。ママチャリでも琵琶湖一周できるのか。簡単に言ってしまえば、ママチャリでも十分可能です。だって僕でさえも一周できたのですから。とはいってもお前のこと知らんし!って感じなのですが、僕は特に運動部にも所属したことないちょっと細めの25歳です。特に身体が弱いという人でなければ、全く問題ないと思います。もっと勇気づけられることを言えば、僕は今回彼女と一緒に走りました。彼女も運動部経験のない、普通の24歳の女の子です。彼女でも難なくできたのですから、ママチャリでの琵琶湖一周は多くの人にとって達成可能だと思います。

ただママチャリはロードバイクなどに比べて速度が出ません。今回も走っているとき、何回もロードバイクの人たちに抜かされました。なのでママチャリで一周するにはある程度余裕を持った日数が必要になります。朝から夕方まで走って、1日60キロメートルが目安になります。琵琶湖一周は約180キロあるので、最低でも3日は必要だと考えます。僕たちも今回は2泊3日で走りきりました。

また心配されるのが、タイヤがパンクしないかどうか。今回の経験でいえば、パンクはありませんでした。これは僕の肌感覚ですが、ママチャリといえども、180キロくらいなら問題はないようです。ただパンク対策として、乗る前に空気がちゃんと入っているか確認する、タイヤがすり減っていないか確認する、でこぼこ道はできるだけ走らないなど常にパンクが起こらないように意識しておくことは大切だと思います。

自分の身体にも気を使わなければなりません。比較的簡単に達成可能な琵琶湖一周ですが、身体への負担は少なからずあると思います。筋肉痛は絶対に起こるでしょう。僕も彼女も1日目で太ももや膝のあたりが痛くなりました。寝る前に湿布を貼るなどして、翌日の向けてしっかり身体を整える必要があります。

あとは根気、諦めない気持ちを持つことが大切です(自転車をレンタルしているので、そもそも諦めるという選択肢はないわけですが)。そしてサイクリング自体を楽しむこと。一周していると、道の駅やお花畑、彦根城でひこにゃんに会うなど寄り道できるところはたくさんあります。自分だけの一周ルートを作り、琵琶湖一周を楽しみましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿