2014年2月24日月曜日

LCCを極める⑪LCCでチェジュ島へ行くには?〜どうせなら他の都市も楽しんじゃおう!〜

僕がチェジュ島に行った頃は、チェジュ航空で関空-チェジュの直行便があったのですが、残念ながら今ではそれがなくなり、LCCで直行で行く方法はなくなってしまいました。

LCCで行くためには一度ソウルか釜山を経由しなければなりません。かなり面倒になってしまいましたが、ここは少し考え方を変えて、チェジュ島に行くついでにソウルや釜山にも寄ってみるというのはどうでしょうか?3、4日間もあれば、チェジュ島ともう一都市くらいは十分に楽しむことができます。

まずはチェジュ航空の国内線の時刻表を確認してみましょう。ソウル(金浦)―チェジュ間、釜山―チェジュ間の便は非常にたくさんあります。

ソウル(金浦)―チェジュ


釜山―チェジュ

ご覧の通り、ソウルなんかだと朝から晩までだいたい30分間隔で飛んでいます。相場は片道5、6000円くらいです。安ければ3000円代で購入できることもあります。これなら一日目の朝にソウルに到着して、ソウルを満喫、一日目の夜からチェジュ島へ行く、というルートも十分に可能です。

もっと韓国を楽しみたいって方は関空→ソウル→チェジュ→釜山→関空というルートも4、5日間あれば可能です。ここでそのルートのデモンストレーションをしてみましょう。

一日目。
・ピーチMM001便関空7時50分発に乗り、ソウル(仁川)へ。9時35分に到着。
・ほぼ一日ソウルを満喫。
・チェジュ航空7C129便ソウル(金浦)18時55分発に乗り、チェジュへ。20時に到着。もう遅いのでホテルに宿泊。自信のある人は夜のカジノやバーを楽しんでみましょう。

二日目
・チェジュ島を満喫。

三日目
・チェジュ島を満喫。
・チェジュ航空7C512便チェジュ18時30分発に乗り、釜山へ。19時25分に到着。夜の釜山を楽しむ。南浦洞がおすすめ。ホテルへ宿泊。

四日目
・釜山を満喫。南浦洞窟、甘川文化村、海雲台がおすすめ。

五日目
・ピーチMM016便釜山16時05分発に乗り、関空へ帰る。

どうでしょうか。少しの長期休暇があれば、あっという間に韓国主要都市を巡ることができます。ポイントは海外のLCC国内線を利用するということです。はじめは抵抗があったり、不安があるかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことはありません。海外のLCCを利用して、もっと旅のスタイルを広げましょう!



0 件のコメント:

コメントを投稿