2014年1月26日日曜日

年末年始海外!釜山のカウントダウンイベントに参加!


午後10時、イベント会場へ。続々と人が集まり始めた。みんな黄色い風船を持っている。僕らもそれをもらいに行く。もらう時にマジックペンで願い事を書く。僕の願い事は「マラソンで4時間半を切ること」。昨年は大阪マラソンの抽選に外れたし、トレーニングもさぼっていた。今年はまた本格的に始められるよう、気合いを込めた。

カウントダウンを迎える定位置を探す。ちょうど階段のようになっているところで、みんな座っているので、僕らもそこに座ることに。

新年まで1時間半。短いようでこれが結構長い。寒いのだ。想像していたような凍える寒さはないものの、それでも気温は0度に近い。顔が痛い。直に座っているためお尻が冷たい。新年を迎えるにはそれなりの忍耐が必要だ。

途中、音楽隊やおばさん5人組の歌が始まり、会場に盛り上がり度が増す。


おばさん5人組。有名な人なのだろうか。
途中、隣に小さい子供が座っていたので、思わず撮影。


寒いのか、かなり険しい表情をしている。

11時50分。やっとここまできた。ここまでくると、テンションが上がってきた。年越しの瞬間、写真を撮るか、動画を取るか、迷った。試しにカメラのシャッターを切ってみると、案外暗く写ってしまう。かといってシャッタースピードを遅くするとぶれてしまう。これはもう動画で撮影するしかないだろうと思った。


年が明けた瞬間、みんなが一斉に風船を手放し、紙吹雪が舞う。そして歓声が上がる。
はあ、2014年か。今年はいったいどんな年になるのだろう。マラソン、読書、HSK書籍販売、株取引、カメラ、旅、語学とやりたいことはたくさんある。どれをとっても後悔の無いように、努力していかないと。

一段落ついたところで、帰ろうと歩き始めると、いきなり花火が!!


帰ろうとしていた途中なので、ちょうど木の枝の下から見るという形になってしまったが、昨年は一回も花火を見ていなかったので、これでも十分!寒さを忘れる程うれしかった。

帰る途中、青年たちが手持ち花火を売っていた。1本1000ウォン。さっそく買ってみることに。この花火がなかなか長持ちする花火で、その間彼らは僕らの記念撮影まで撮ってくれた。

花火を売っていた青年2人


写真左の彼は「私は本当に日本大好きですよ!」とかなり発音の良い日本語で話した。すごいなー。どこで覚えたんだろう。本当に日本語話す人が多いなー。

小腹が空いたので、屋台でちょっと食べることに。



焼き餃子とトッポギとおそらく何かの血が入ったソーセージ。やっぱ海外の屋台料理っていうのはどれもウマい。

ゲストハウスに戻って即就寝。布団の暖かさに感謝。
一緒に行ってくれた。kahoさんありがとう!


0 件のコメント:

コメントを投稿