2013年9月17日火曜日

LCCを極める⑩〜週末セブ島に行く方法〜

アジア屈指のリゾート地、フィリピン・セブ島。仕事で忙しくても、一度は行ってみたいものです。しかし社会人にとってセブ島に行くのは容易なことではありません。LCCのセブパシフィック航空に関空―セブの直行便はありますが、関空発が火、木、日曜日のみと限定されており、社会人がその便を利用するのはとても難しいことです。そこでちょっと発想を転換して、一度違う都市を経由するという方法で考えてみます。今回は金曜日が有給や祝日で、金、土、日の3連休を想定しています。

・経由地はソウル(仁川)

セブに向かうために一度ソウル(仁川)に向かいます。仁川ならセブ行きの便が金曜日にあるのです。出発時刻は22時15分。それまでに仁川に到着できれば良いので、例えばイースター航空のZE614便(16:15発18:05着)なら十分に間に合います。またソウルも半日楽しみたいなら、ピーチのMM001便(07:45発09:30着)に乗っても良いでしょう。

・到着は深夜1時35分

セブパシフィック航空で5J129便(22:15発)に乗り、到着するのは01:35分。少しぶっとんだ時間帯ですが、泊まるホテルによっては空港まで迎えに来くれます。ホテルを予約する際は確認しておきましょう。そして土曜日は丸一日セブを満喫!

・帰りは関空へ直行

帰国日の日曜日、この曜日にはセブ―関空の直行便があるので、帰りは比較的楽です。出発時刻は15:20なので、午前中まではセブをまだ楽しめるといった感じでしょうか。到着時刻は19:55。その日の夜、ゆっくりするにはちょうどいい時間です。

上記のフライトスケジュールをまとめると次のようになります。

金曜日 ピーチMM001便 関空07:45発 ― ソウル(仁川)9:30着
金曜日 セブパシフィック航空 5J129便 ソウル(仁川)22:15発 ― セブ01:35着
日曜日 セブパシフィック航空 5J828便 セブ15:20発 ― 関空 19:55着

ぜひお試しを。

2013年9月10日火曜日

LCCを極める⑨こんなにあった!LCCで行ける関空ーソウル線!

日本から一番行きやすい国と言ってもいい韓国。LCCでも関空―ソウルを結ぶ路線はたくさんあります。今回はソウルを結ぶLCC各社のフライトスケジュールを紹介します。時間帯等を比較し、自分に合ったフライトを見つけてみてください。また複数の航空会社のメルマガを購読していれば、それだけキャンペーン情報をたくさん得られます。自分が行きたい時期、どこの航空会社が一番安いのか、比較するのも大切です。

①PEACH
往路 MM001便 関空07:45発→ソウル(仁川)09:30着
復路 MM010便 ソウル(仁川)21:00発→関空22:45着

往路復路の時間帯が、多少早すぎる、遅すぎるはあるものの、一番現地に長くいられる選択肢です。往路復路とも他に2便ずつあるので、自分の都合に合わせやすい航空会社です。

②イースター航空
往路 ZE612便 関空11:10発→ソウル(仁川)13:00着
復路 ZE613便 ソウル(仁川)13:50発→関空15:30着※火水木はこの便はなし。

LCCですが受託手荷物が一個無料(15kg以下)。その他キャンセルや変更もしやすいの特徴です。運が良ければ片道4000円で行けることも!

超格安の割引運賃!

③チェジュ航空
往路 7C1301便 関空11:50発→ソウル(仁川)13:50着
復路 7C1482便 ソウル(金浦)14:30発→関空16:10着

チェジュ航空の場合、往復共に仁川、また往復共に金浦だと、片一方の時間帯がどうしても悪くなってしまうので、往路は仁川で復路は金浦というパターンが一番ベスト。この場合、「往復」ではなく「周遊その他」を選択する必要があります。またチェジュ航空には独自のポイント制度があります。

以上、主要な3タイプのフライトスケジュールを紹介しましたが、もちろん上記の選択肢以外にも、例えば往路はイースター航空で、復路はピーチみたいな感じで、行きと帰りで違う航空会社を選択するのもOK。そうすることで組み合わせが多彩になり、きっと自分に合ったフライトスケジュールが見つかることでしょう。

※上記の発着時間は2013年9月10日のものです。

2013年9月9日月曜日

飛行機を近くで見よう!〜伊丹空港・千里川土手にて〜

9月某日、伊丹空港に離着陸する飛行機が間近で見られるスポットに行ってきた。子供の時からずっと行ってみたいと思っていた場所でようやく夢が叶った。




大きな地図で見る

場所は阪急曽根駅から西方向へ15分程の歩いたところにある千里川付近。割と簡単に行ける。そのスポットにはトイレやコンビニはないので、駅付近ですべて済ませておく。


到着するとすでに大きなカメラを持った人たちがちらほら。中にはとてつもなく長い望遠レンズを取り付けている人もたくさん。自分はまだまだそこの領域には追いつけない。

伊丹空港には2本の滑走路があって、ここの千里川土手から見て、小型機は奥の滑走路、大型機は手前の滑走路に着陸をする。よって小型機は若干遠目なのだが、大型機は大迫力そのものである。本当に手を伸ばせば届くのではないかと一瞬思う。


僕が来て、大型機第一号がやってきた。だんだん音が大きくなってくる。そして機体も大きくなってくる。カメラを懸命に構えるが、あまりにも一瞬で通り過ぎてしまう。どのようなアングルで撮るか考える暇もない。



着陸して煙が出る瞬間が何ともかっこいい。




この飛行機かっこいい。


飛行機をバックに写真を撮る人も。


暗くなってくると、滑走路のライトが点灯してより素敵な光景になってくる。ただ僕は三脚を持っていないので、どうしても光がブレてしまう。今回は夜景の撮影は断念。


最後に自分で撮った動画を公開。これが一番迫力さが伝わるであろう。