2013年10月13日日曜日

海外気分で日本を味わうin箱根①

LCCで行ける近場の海外を立て続けに行ってきたので、今度は国内に目を向けてみようと思い、外国人が訪れる日本、海外気分を味わえる日本に行ってみました。今回選んだのは箱根。中でも大湧谷は普段見ることのできない素晴らしい光景で、まさに海外に来たような気分した。そんな箱根旅行記を大湧谷を中心に綴っていこうと思います。

・いろんな交通機関を楽しめる箱根

大阪から新幹線で小田原に到着。出発は朝8時半くらいだったので10時台にはもう到着。飛行機ばかり乗ってたけど、新幹線のすごさには感心。早いし、全く揺れないし静だ。
3連休ということもあって、小田原駅は外国人観光客を含むたくさんの人々で溢れている。まずはここで箱根フリーパス(3日間)を買う。4400円。これで箱根の交通機関のほとんどを網羅できる。
まずは宿のある仙石原へと向かう。バスで1本で行けるルートがあったのだが、宿のスタッフから、バスが混雑しているかもしれないので、電車などを利用した別ルートで行った方がいい、というアドバイスを受け、そのアドバイス通りに行くことにした。

まず箱根登山線で小田原駅から強羅駅へ向かう。とても小さめの電車だ。


電車の速度はとてもゆっくりで、窓の外ののどかな風景をのんびりと見られる。




川で釣りをしている人、自転車に乗っている人、こんな自然なところでアクティビティをしているのがとても楽しそうだ。


駅名の下には標高が書かれている。少しずつ上がっていくのがよくわかって面白い。

目的地は強羅駅だが、一度箱根湯本駅で乗り換える必要がある。なんでいちいち乗り換えをせねばならないのだ、と思うところだが、山道を登って行くため、構造上そうしなければならないのだろう。そこはあまり気にはせず。

次の電車では箱根湯本駅から強羅駅まで間、3回のスイッチバックがある。その地点に到着すると、運転手が一旦外へ出て、反対側の運転席に移動する。そして来た方向へ電車が動く。戻って行くように見えて、着実に上へと進んで行っている。スイッチバックが行われるたび、観客からかすかな歓声が上がる。
強羅駅


強羅駅周辺

強羅駅周辺
次の乗り換え地点、強羅駅に到着。今までの駅とは異なり、ひときわ大きく、お店もいくつか並んでいる。

ここから次はバスに乗り、宿のある仙石原へ。ここまで新幹線で小田原、小田原から2種類の電車とバス。まだ1日目のお昼だというのにすでにいろんな交通機関に乗った。この後船にもケーブルカーにも乗る予定なので、箱根は実にいろんな乗り物を楽しめる。車で行くのも良いが、交通機関を駆使しながら目的地を目指すのも箱根の魅力のひとつなのかもしれない。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿