2013年8月8日木曜日

大阪にあるリトル欧州・二十四節記

今回は国内でちょっぴり海外に行った気分になれる場所をご紹介。これなら社会人でも間違いなく行ける!


大阪の高槻市にあるリトル欧州と呼ばれる二十四節記。僕もガイドブックを見るまで、この場所の存在を知らなかった。面積的にはとても小さくこじんまりした場所なのだが、一風変わった風景と美味しいイタリア料理を味わえるので、かなりおすすめ!

最寄り駅は阪急京都線の上牧駅。ここから徒歩3分程で、到着できる。ちなみに上牧駅のすぐ隣には新幹線のレールがあり、高速で走る新幹線を間近でみることができる。


レンガの細い道、周りの緑が、なんとなくヨーロッパらしさを感じさせる。



道の脇でレンガ等が売られている。売り方がすんごいおしゃれ。





道を歩いていると、所々出くわす置物が可愛らしい。



奥まで行くと、そこには暑い中、せっせと石窯で焼く人々がいる。小さな店内にはこの中で焼かれたパンが売られている。このお店の隣にはイタリア料理店があり、そこのピザもこの石窯で焼かれている。



他にも建築ギャラリーや建築雑貨店などがある。建築好きにもたまらない場所となっている。この地のホームページはこちら二十四節記。お店の情報が詳しく載っている。ここでは風景写真をもう少し紹介。







冒頭でもお伝えしたが、とても小さいので、ここだけで丸一日を潰すのには無理がある(もちろんここはとても素敵な場所だ)。なのでここを訪れたあとは、近くにある摂津峡でハイキングを楽しむのもいいかもしれない。あまり普段歩かない人にとってもちょうど良い距離だ。

摂津峡。川遊びをする人がたくさん!!






0 件のコメント:

コメントを投稿