2013年7月19日金曜日

週末海外!タクシーの良さが分かってきた

飛行機の時間が近づいてきたので、バスを待っていたのだが、なかなか来ない。40分後、やっと来たのだが、人がたくさんでぎゅうぎゅう。暑いし、とてもじゃないが乗る気にはなれなかった。

僕はあまりタクシーを使うのは好きではないのだが(今回の旅では結構乗ってるけれど)、ここでも乗ることにした。しかも今回の旅は二人だし、タクシーも一人当たり安くなる。

そしてもうひとつ分かったことがあった。
空港からジョージタウンに行くまでバスで一時間程かかったのだが、帰りはタクシーだとなんと15分程で着いたのである(もちろんドライバーがかなり飛ばしていたけれど)。そうか、タクシーって時間短縮できるツールなんだ、今までタクシーに乗らなかった僕はこのことに今さらながら気がついた。時間をとるか、お金をとるか。お金を使ってでも時間を節約したい場合はタクシーを使えばいいのだ。(ただしぼったくられるならやはりあまり乗りたくはない)

タクシーのおかげでかなり早く空港に着いてしまった。また一時間半くらいの余裕がある。地球の歩き方の地図を見ると、空港の近くにビーチがあった。パートナーと相談した結果、タクシーでそこまで行ってみることに。出発ロビーだったので、なかなかタクシーが見つからなかったが、10分後、お客さんを乗せてきたタクシーが来た。

お客さんが去って行ったのを見計らって、ドライバーさんに声をかけてみる。
「ここのビーチまでは遠いですか?」
「うーん、そんなには遠くないよ」
「ここのビーチきれいですか?」
「そこそこってとこかな。」
僕はそのビーチがあまりきれいではないことを感づいた。
「5時半の飛行機に間に合うようにちょっと空港周辺の面白いところまで行って、またまで戻ってきてほしいんですけど」
「いいよ。50RMで」
僕はこのタクシーに賭けてみた。ドライバーもいい人そうだ。

「そうだな。ウォーミュージアムに連れてってあげるよ」
ウォーミュージアム?ウォーってWARのこと?

山道をどんどん上がって行くと、テーマパークっぽい雰囲気の場所にたどり着いた。


確かにウォーミュージアムと書いてある。いわば戦争博物館だ。まさか戦争博物館に連れて行かれるなんて・・・。

とりあえず、カウンターに案内される。1人の女性が立っている。なんだか物寂しげだ。料金表を見てみると、驚いたことに大人が(確か)50RM!!高い!!せっかく連れてきてくれたけど、悪いけどここは却下。

人の出入りは全くないし、ガイドブックにも載っていない。レアと言えばレアな場所なのだけれど、あんまり行く気にはなれない。(勇気のある人はぜひ行ってみてください)

ドライバーさんが「戦争の歴史を知ることはとっても大事なことだよ。今度はぜひ行ってごらん」
確かにそれはそうだ。

「次は海の上にあるホテルに連れていってあげるよ」
へえー、この前に見た周一族の家みたいな感じなのだろうか。


これがホテルの正面。それほど規模は大きくはない。



確かに海の家にある。そんなにきれいなホテルではないのだが、ロマンティックと言えば、ロマンティックだ。


「今大きい橋が造られているんだ」とドライバーさんが教えてくれた。確かに地球の歩き方にも第二大橋建設中とあった。


こうやってポスターで見ると、とても良いホテルに見えるんだけどな〜


良い時間になってきたところで、空港に戻る。タクシーの短い旅も終わりに近づく。
どこかに行くためじゃなくて、周遊のためにタクシーを利用したのは初めてだった。なかなか悪くない。行く場所に困ったら、タクシーに乗って、何か面白いところに連れてって、というふうにドライバーに任せるのもいいかもしれない。ただぼったくられないために、最初に値段を決めておくのは必須であろう。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿