2013年6月23日日曜日

週末海外!ライン・クリア・レストラン




ホテルの近くにあるインド料理屋で夕食。名前は「ライン・クリア・レストラン」。地球の歩き方によると、1930年創業で、ペナンで最も有名なインド料理店、多くの芸能人が訪れる、らしい。

インド料理なので、もちろんカレーを注文。マレーシアでカレーを食べるのはこれで3度目である。しかし何回行っても、インド料理屋の注文の仕組みがよくわからない。バイキングみたいに、トレイにたくさんの種類のおかずがあるのだが、いつも自分で選ばせてくれず、勝手に決められる。「お前は日本人だから、これとこれが好みだな」みたいな感じで、何も聞かれずに、勝手におかずを乗せられるだ。これはインド人の国民性からきているものなのだろうか。他の民族のお店、例えば中華料理店などなら絶対こうはならない。僕はいつも「あっちのほうが美味しそうなのになあ」と思う。気の小さい僕はとても口出しできなかった。

そんでもって、勝手に決められたカレーはこちら。


チキンカレーに何かの野菜がたっぷり。そしてとても甘いミルクティー。

とても量が多いので、ひとつを二人で食べる。本場の独特な辛さが舌を刺激し、そのたびに甘いミルクティーを流し込む。向こうの人が甘ったるいティーを好むのもなんとなく分かる気がした。

隣に座っていたインド系の女性が「おいしい?」と聞いてきた。僕が「おいしいよ」と答えると、とてもうれしそうだった。自分の国の料理を外国人が食べて、おいしいと言ってくれるのは、確かにうれしいであろう。

無事に全部完食。見た目は少し悪いものの、味はとても美味しい。日本にもこんな手頃に食べられるカレーがあればいいなと思う。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿