2013年5月10日金曜日

LCCを極める⑤エアアジアの乗り方

レガシーキャリアとは少しばかりルールが違うLCC。その中でも今回はエアアジアの乗り方を僕の経験上からお話ししたいと思います。

・手荷物制限重量はとても厳密

荷物を預けると料金がかかってしまうLCC。預けずにそのまま機内へ持っていこうと思っている方も多いのではないでしょうか。しかしエアアジアに乗る際は注意が必要です。手荷物制限は7キロまでとなっているのですが、エアアジアはチェックインカウンターで厳密に手荷物の重さを量られてしまいます。どうせ量られないし、ばれないだろうは通用しないのです。そのおかげでエアアジアのカウンターの周りでは、慌てて手荷物をトランクの中に移し替える光景がしばしば見られます。家を出る前に一度体重計などで自分の荷物を量っておくのが良いでしょう。


・スカイバス利用の場合は必ず明細を

エアアジアのクアラルンプール行きの航空券を購入すると、スカイバスも同時に注文しませんか?と尋ねられます。スカイバスとはKL空港からクアラルンプールの中心地KLセントラルまでを結ぶバス(写真1)です。料金は往復で460円ほどです。注意しなければならないのは、必ずスカイバスを予約したことを証明できるものを持参することです。例えば日本の夜行バスのように予約した人の名前をバス会社側が控えてくれる訳ではありません。なので自分で証明する必要があります。方法としては予約した時の支払い明細をプリントアウトする、またはその画面をスマートフォンに保存(写真2)し、運転手に見せる、という方法が一番確実です。ただネットで予約しなくても、当日普通にお金も払えば、バスには乗れるので、絶対にしておいたほうがいいというわけでもありません。スカイバス以外に8RMで乗れる黄色のバスもあるので、料金もそれほど変わりません。


(写真1)真っ赤な色が特徴。


(写真2)これでスカイバスを予約したことを証明できる。運転手に見せればすんなりとOKしてくれる。

・エアアジア旅行保険は必要か

バスの次に尋ねられるのが、旅行保険加入の有無です。こればかりは僕もまだ加入したことがなく、補償内容もいまいちわからないので何とも言えません。調べてみると「AirAsia Insure」というホームページがあったので、そこに割と詳しく書いてあります。料金もそれほど高くはないので、何かあったら心配という方は申し込んでも悪くはないかもしれません。






0 件のコメント:

コメントを投稿