2013年5月21日火曜日

週末海外!中華系レストラン・新峰肉骨茶で夜食




夜の10時からちょっと遅めのお食事へ。インビ駅(Imbi)から歩いて10分くらいの距離にある「新峰肉骨茶」。漢方薬で煮込むバクテー料理・肉骨茶の超有名店である。営業時間も朝5時から夜24時までやっているので、いつでも行きやすい。ただあまり遅いとすでに売り切れてしまっている料理もある。


メニューには日本語でも表記されている。注文するときは左上の記号で言ったら良い。実に簡単。




さっそく肉骨茶を注文。唐辛子とにんにくも付いてくる。匂いは確かに漢方薬だ。食べてみると、あっさりした豚肉の味とほんのりとした漢方の味を感じる。漢方薬の味が苦手な人にはおすすめできないが、とても身体によさそうな味である。一人前15.5RM。


続いてチャーハンも注文。名前は「臭豆炒飯」。日本語ではジャムボービーン入りチャーハンと表記されていた。その名の通り大きな豆が入っている。食べてみると、臭いというより苦かった。一緒にいたパートナーはかなり苦手なようで、豆は食べなかった(これ注文したのは彼女だったのだけれど。なんで「臭豆」と書いてある料理を注文しようと思ったんだろうか)。全体的には辛めの味付けなので、コーラなんかと一緒だと最高。(小)が12RM、(大)18RM。小でもなかなか多い。

メニューはたくさんあるので、大勢でいろんな料理を頼むのがベストだろう。いつか5人くらいの友人を連れてここに来てみたい。


<<続く>>










0 件のコメント:

コメントを投稿