2013年4月29日月曜日

久々にHSK問題集の調査してみる

新HSKが始まり、もう3年くらいになるでしょうか。もはや「新」と付ける必要はなさそうですね。HSK問題集の種類がどのくらい増えたのか、本日は千日前のジュンク堂書店へ行って参りました。

・あまり増えていなかった

中国語学習の棚を見たとき、HSK問題集は一列分も満たしておらず、あまり増えていなかった、というのが印象でした。それでも初めて見た問題集もいくつかあったので、紹介したいと思います(6級をベースとして)。


中国語検定 HSK 公式 過去問集 6級 CD付

青い表紙が特徴的なこの本。五回分の過去問題集が収録されており、リスニングのスクリプト、その和訳、筆記問題の解説、作文の模範解答もちゃんとすべてそろってます。今までで一番良心的な問題集と言ってもいいでしょう。級が高いほど、値段も高くなっています。






続いて見つけたのはこの本『新HSK公式ガイドブック6級―中国政府公認中国語テスト

 この本は『Chinese Proficiency Test Syllabus (HSK) with MP3-CD, Level 6』を日本語に翻訳したものです。とは言っても、最初のHSK紹介部分が日本語に訳されているだけで、後は原本と全く同じです。一回分の収録のみで解説等は一切ありません。CDではなくMP3です。それで値段は3000円代。正直言ってあまり買う価値のない本です。これを買うなら、Amazonで原本版を買ったほうがだいぶ安く抑えられます。



・日本独自の問題集はまだない。

どちらにしても、もともと中国で販売されている問題集を日本語訳したもので、日本独自のHSK問題集、参考書というのはほとんど発売されてないようです。翻訳本ではどうしてもお値段が高くなってしまうので、日本独自の良い問題集ができることを願うばかりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿