2013年3月13日水曜日

週末海外!タクシーにぼったくられないシステム

マラッカ・セントラルから長距離バスで2時間、無事クアラルンプールのTBSバスステーションに戻ってきた。ここからブキッ・ビンタン通りへ向かおうとしたが、ここから電車だと、路線図を見る限り、4回乗り換えをしなくてはならなかった。なのでバスに乗ろうと、バス停へ行ってみたが、どれがブキッ・ビンタン通り行きなのかよくわからなかった。ここでもたもたしては時間の無駄。時間節約のため、僕は滅多に使わないタクシーを利用する事にした。

タクシー乗り場でタクシーに乗ろうとすると、先に窓口へ行くよう言われた。ここのタクシーのシステムは一風変わっていた。それはタクシーに乗る前に、窓口で行き先を告げ、そこで行き先に応じた料金を先払いするというものだった。僕はこのシステムには感心した。

なるほど、これならドライバーにぼったくられる必要はない!

僕が向かうインビーまでは27リンギット。その領収書をもらい、タクシーへ乗り込む。メーター制より多少割高かもしれないが、何よりこれ以上支払う必要はないという安心感がある。海外でこの制度は非常に助かる。

こちらがその領収書。行く地域によって値段があらかじめ決められているようだ。
ドライバーもすごくいい人で、無事僕をインビーまで届けてくれた(当たり前だけど、海外だとそれが何だかとても嬉しい)。僕は彼に5リンギットのチップをあげた(ドライバーの顔がとてつもなく嬉しそうな笑顔になった)。人生初チップ。なんか自分がかっこ良く思えた。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿