2013年1月31日木曜日

週末海外!タイパハウスミュージアム

タイパに入り、適当なところでバスを降りる。だいたいこの辺がタイパハウスミュージアムから近いだろう、という勘である。さきほど両替を頼んだおばさんもここで降りたので、厚かましくも行き方を聞いてみた。しかしどうやら僕が行こうとしているところを知らないようだった。結構有名なところだと思うんだけどなー。まあ仕方がない。それにこのおばさんはマカオの人ではなかった。ましてや仕方がない。

周辺をトコトコと歩いてみたが、目的地がどこにあるか全く検討がつかなかったので、あまり使いたくはなかったがタクシーに乗った。僕は旅の最中、原則としてタクシーは使わない主義であるが(理由はぼったくられる可能性が高いことと地図を頼りに自分の勘でバスや地下鉄で目的地に向かうことが旅の醍醐味だと考えているからです)、時間が限られていたので、無駄にする訳にはいかなかった。

タクシードライバーは女性だった。40代くらいのおばさんである。無愛想な感じはあったものの、ちゃんとメーターを付けてくれた(海外では付けてくれない人が少なくない)。

目的地へは10分くらいで着いてしまった。メーターは一度も上がらなかったということは僕がバスから降りた場所はほとんど間違っていなかったのだ。ここでも自分の“旅勘”は冴えてるなとつくづく思う。




タイパハウスミュージアムに到着。このような可愛らしい建物がある。昔のポルトガル人やイギリス人の別荘を修復したものだそうだ。




牛や鳥の可愛らしい木製オブジェがある。なんだかオランダみたい。


花もたくさん咲いている。朝の散歩にはぴったりだ。


街灯もすごくお洒落。ここが中国の一部だなんて思えない。


振り返れば、カジノなど豪華なビルなどを一望できる。

0 件のコメント:

コメントを投稿