2013年1月28日月曜日

週末海外!おばさんに感謝

聖ポール天主堂跡を後にし、マカオの南部・タイパへと向かう。適当にバス停を探し、そこでタイパ行きのバスを待つ。路線図と地図を照らし合わせて、次の目的地タイパハウスミュージアムに近そうな駅を探してみる。こんな風に自分で目的地を決めるのが好きなのだ。ツアーでは絶対にできない。しかしながら、なかなか苦戦する事も多々ある。どこで降りれば良いのかわからないのだ。考えているうちにバスが来て、とりあえず乗り込む。タイパへ行くには長い橋を通る。マカオ半島とタイパを結ぶ橋は全部で3本ある。橋好きにはたまらない光景だろう。

長く伸びる橋

橋の上を走っている時、となりの橋を見渡せる。
バスがタイパに上陸し、降りる準備をしようとしているとき、自分の財布に小銭が入っていない事に気がついた。一番小さいものでも20香港ドル札だった。バスの運賃は5ドル。バスはおつりをくれない。5ドルのために20ドル払うのはもったいない。そこで僕は隣に座っていたおばさんに20ドルを差し出し、「コインと替えてくれませんか?」と頼んだ。おばさんは心良く、財布の中から、コインを探してくれたのだが、あいにくそのおばさんは細かいコインを持っていなかった。本当に困った。すると、その状況を見ていた真向かいに座っていたおばさんが、コインを用意し手渡してくれた。なんてやさしいのだろう!僕が逆の立場だったらしていただろうか。きっとそんな勇気はなかった。今度自分がそういう立場になったらぜひしよう!一人旅だからこそ、もっと人と関わらなければ!

0 件のコメント:

コメントを投稿