2013年1月18日金曜日

週末海外!香港・マカオ眠らない24時間弾丸の旅

1月12日から14日までの3日間、香港とマカオを旅してきました。3日間といっても、出発は12日の夜9時、帰りの出発が14日の深夜1時で、現地の滞在時間はたった24時間。とても短い旅ですが、一度テレビのような弾丸の旅をしてみたかったし、24時間でどれくらい回れるのか試してみたかったこともあり、今回のような形になりました。まさに週末海外です。

全く眠らないで24時間フル活用して過ごした香港・マカオの旅をぜひご覧ください。

1日目(1月12日(土))
この日は仕事。朝9時から夕方5時半までみっちり働き、定時で会社を出る。あんまり会社のことを褒めたくはないけれど、定時に帰ろうと思えば、帰れる会社(部署)なので、そこんところはありがたい。飛行機の出発時間は9時10分、PEACHの規定では国際線は50分前までに搭乗手続きを済ませなければならないということなので、少し余裕を持って8時には空港に到着しておかなくてならなかった。僕の家から空港までは1時間ちょっと掛かるので、超ギリギリというわけではないけれど、決して余裕でもなかった。

おいおい、会社から家に帰る時間は?と思う方もいるかもしれない。しかしそれは心配ご無用で、会社から僕の家(実家)は自転車で15分もかからない。家から近い会社に入社したことはかなり「週末海外」に貢献している。

そういうわけで、5時45分には家に着いて、そこからシャワーを浴びる。しばらくの間シャワーは浴びられないと思いながら、念入りに身体を洗った。向こうではホテルには泊まらない。24時間フルで歩き回る予定でいた。

持ち物は財布とパスポートと一眼レフくらいなので、6時15分にはもう準備は完了した。さっそく家を出る。

順調に駅に到着し、いいタイミングで関空快速に乗り、車内で旅のコースを考えながら、あっという間に関空到着。時間は7時45分。上出来である。香港の友達にお土産を買う時間も十分あった。

PEACHの搭乗手続き場所に向かうと本来なら機械でセルフでするところをスタッフが立っていて、『香港行きですか?』と声を掛けられ、代わりにやってくれた。自分としては十分早く来たつもりだったが、一般的に見れば、搭乗手続き締め切りの20分前ということもあり、それなりに急がねばならない時間帯だったのだろう。

PEACHの免税店「Fuchsia」でPEACHのカレンダーを買おうと思ったが、見当たらない。お店の人に聞いたら、なんと売り切れてしまっていた。男にとても反響が良かったそうだ。それもそうだ。あの制服姿と私服姿両方の写真が載っているカレンダーには確かに魅力を感じた。恥ずかしながらもあれを自分の部屋に飾りたかった。でももう遅かった。こんなことなら年末年始に沖縄に行ったときに買っておけばよかった。この時は買うか悩んでいて、まあまた香港に行くときに買えば良いやと思っていた。やはり行動は早い方が良い。

時間になり、機内へ。僕の座席は一番後ろ。今回は640円払い座席指定してこの席を選んだ。一番後ろの席なら後ろを気にせずリクライニングできると思ったからだ。飛行の時間帯は夜だし、機内で寝ようと考えていた。だがこの考えが失敗した。一番後ろの座席のすぐ後ろには壁がありちょっとしかできないようになっていたのだ。これにはかなりがっかり。でもまあ他の座席だったら、後ろの人に気をつかって全くできないので、それよりはまだマシである。

離陸して3時間くらいが立ったとき、飛行機が気流の悪いところを飛行し始めて、機体が揺れ始めた。しかもそれが30分くらい続いた。深夜の飛行で疲れている事もあり、気分が悪くなり始めた。香港に到着したら、すぐにマカオへ行こうと考えていたのに、このままじゃ空港内で休憩せざるを得なくなる。そんな悪い予感が頭をよぎった。

でも揺れが収まると、悪い気分はちょっとずつ良くなり始め、機体を出た瞬間から、ほぼ元気になった。香港に着いたという現実がそうさせてくれたのだろう。くたびれている暇はない。時間は24時間しかないのだ。

深夜1時に香港到着。もちろん空港内に人はパラパラとしかいない。空港のベンチで寝ている人いれば、マクドナルドで軽食をとっている人もいる。みんな香港経由でまたどこか遠い国へ行くのだろう。24時間空港というのはいろんな人々のドラマがあるものである。

香港空港内のマクドナルド。とてもカラフル。


これからの深夜の旅に備えて僕もマクドナルドでハンバーガーを注文した。頼んだのは日本でもおなじみフィレオフィッシュ。

フィレオフィッシュだが紙で包むのではなく、箱に入っている。

正直言ってあまり美味しくはなかった。ちょっとパサパサしていて酸っぱい。でもお札を崩すのにはちょうどよかった。あとセブンイレブンでぷっちょの元気ドリンク味も買った。これはなかなか美味しい。本当に栄養ドリンクの味がする。

そろそろ空港を出なくてはならない。24時間マカオ行きのフェリーがある乗り場へと向かう。そこまではバスで向かう。24時間の交通機関があるのは非常にありがたい。この辺は関空も見習ってほしい。せっかくの24時間空港なのに、交通機関が動いてなければ意味ないではないか。

そんなことを思いつつ、ちょうど乗るべきバスが来た。


香港は二階建てバスが主流。かっこいい。僕はもちろん二階の前方の座席へ座る。香港の街を眺めたいからだ。ここから香港の旅が始まる。

<<NEXT:週末海外!深夜にマカオ行きフェリーに乗る>>

0 件のコメント:

コメントを投稿