2012年12月24日月曜日

LCCを極める②

現在、日本の航空会社が出資しているLCCは主に「ピーチ・アビエーション(全日空38.67%)」、「ジェットスター・ジャパン(日本航空33.3%)」、「エアアジア・ジャパン(全日空67%)」の三社です。この三社はすっかり有名になりましたが、ここでは日本に就航している海外のLCCを紹介します。海外のLCCも使えばもっと旅の選択肢は広がるでしょう。

チェジュ航空
まずは韓国のチェジュ航空。その名の通り、チェジュ島との路線を結ぶLCCです(関空のみ)。チェジュ島以外にもソウル(仁川と金浦)を結ぶ路線があります(これは関空、名古屋、福岡から路線あり、福岡は仁川のみ)。関空〜チェジュ島は水、金、日曜日に、関空〜仁川は毎日運行しています。LCCには珍しく受託手荷物は20kg以下なら無料で、簡単な機内食もあります。また独自のマイレージサービスもあり、貯まると(かなりの回数を乗らないといけませんが)、航空券と交換ができるようです。僕も一度利用してみたいのですが、仁川からバンコク、グアムへ行く路線もあるので、韓国から格安でグアムに行く事もできるかもしれません。また機内では乗務員がコスチュームをしじゃんけん大会を開催したりとイベントも満載なとても可愛らしい航空会社です。
チェジュ航空の機体。オレンジ色が特徴。
じゃんけん大会の様子

続いて春秋航空。2005年に中国唯一の民間会社として誕生した春秋航空は上海(浦東)を拠点とし、現在日本では高松、佐賀、茨城に就航しています。高松間は火、木、日曜日、佐賀間は月、水、土曜日、茨城間は月、火、木、金、土、日曜日に各一日一便運航しています。中国国内の路線も充実しているので、上海まで行ってそこから中国各都市へ旅する事も可能です。常時セールがあり99元から乗れちゃう航空券もあります。

大韓航空の子会社として誕生したジンエアー。日本では新千歳空港と那覇空港に就航しています。こちらもソウルから、バンコクやグアム、セブなどに行けるので、韓国から第三国への旅が可能です。

<<続く>>

2012年12月17日月曜日

LCCを極める①

これから数回に渡って「LCCを極める」をテーマに、僕なりのLCCの活用方法を書いていきたいと思います。
第1回目は「時刻表を見ること」です。たいてい航空券を予約する時は出発地、目的地、日付を入力し、航空券を探します。そしてその検索結果を見て、「時間帯が悪いなあ」とか「この日の飛行機はなかった」とか思うわけですが、まずはその航空会社の時刻表を見てみる事をおすすめします。時刻表全体を見てみれば、「この都市にこんな時間に飛行機が飛んでいるのか」とか「金曜日だったら良い時間帯に飛行機がある」など、旅のプランを立てるのに非常に役立ちます。中にはこんな時間に飛んでいるのか、と思うものもあります。例えばPEACHで行く関空〜香港間。1日に1便あって、関空発の時間は夜の9時10分。一見とんでもない時間ですが、考え方を変えれば、会社帰りの平日でも出発することができます。そして香港発は深夜1時15分(関空着が5時45分)なので、仕事がある日でも(まあ大阪市内や南のほうの人なら)、何とか間に合います。つまり中一日あれば、丸一日、中二日あれば、丸二日香港を楽しめるわけです。まさに週末海外にはぴったりです。ちなみに香港空港は深夜でもバスが出ているので、深夜に到着しても市内には行けます。また香港〜マカオ間のフェリーも24時間出ているので、先にマカオへ行ってカジノを楽しむ事も可能です。時刻表をジロジロ眺めることで、今まで思いつかなかった旅のプランが見えてくるかもしれません。
また複数のLCCの時刻表を見る事でより旅の選択肢が広がります。LCCは片道から気軽に航空券を買う事ができます。なので行きはこの航空会社で行って、帰りは違う航空会社で、ということも可能なわけです。例えば僕の台北旅行の場合、朝出発のあるPEACHで行ったのですが、帰りも同じPEACHとなると、台北を朝早く出発しなければなりませんでした(現在は18:35発の便もあります)。なので帰りはジェットスターを選びました。こんな感じで違う航空会社を使う事で、旅の選択肢が広がり、また時刻表と片道航空券を駆使することで日本からA国、A国からB国、B国から日本へというパターンも可能になってきます。

LCCは旅の可能性を確実に広げてくれています。日本だけでなく、海外のLCCも極めれば、可能性はもっと広がります。LCCで世界一周旅行!これが僕の夢のひとつです。