2012年6月30日土曜日

日本人は子供を産まず、子犬を飼う2

太郎


私の友だち、和山君を例にあげよう。彼はすでに40歳で、お父さんになりたがっている。ただ唯一の問題は彼の奥さんが仕事を辞めたくないということだ。彼女はガイドブックのライターで、今の仕事がとても気に入っている。考えた挙句、二人は子供を作らず、代わりに犬を飼うことにした。その犬の名前が太郎である。


太郎はサングラスや帽子、靴はしたことがない。しかし太郎はブランドバックをぶら下げ、出かけるときは人に抱っこしてももらう。和山氏が言うには、太郎は歩きたがらないし、時にはペットが人でないということさえも忘れてしまうそうだ。


和山夫婦が旅行に行くときには、太郎は必ずいつもペット専用のホテルに泊まるそうだ。


・誰がオムツを使うか


東京都内の温泉には、犬が入ることができるところもある。東京の中心地にはペットのスパセンターというものもある。ペットはそこで優雅に水浴びをし、マッサージを受け、太っている犬がいれば、ダイエットのトレーニングもできる。


日本ではペット産業が作り上げられており、その市場規模は一兆円にものぼる。ペット産業は日に日に大きくなっているのだ。


ペット業界の売り上げは多くなっているが、逆にベビー用品の売り上げは少なくなっている。


東京では、ペットの数が子供の数を超えている。退職した高齢者が総人口の四分の一を占めているが、その比率は年々上昇している。日本のベビー用品を製造している会社ユニチャームは成人用オムツの販売量がベビー用オムツを超えたと発表した。


日本人はすでに人口の変化を懸念している。内閣の役目は出生率低下を改善することだ。


しかし、近年見られる優遇政策(減税、補助、幼稚園の増設など)を出したところで、効果は出ていない。


多くの日本人は未だ信じていないが、長い目で見れば、人類の最も良い友達は人以外にいないのだ。






2012年6月29日金曜日

日本人は子供を産まず、子犬を飼う1

http://www.bbc.co.uk/zhongwen/simp/fooc/2012/06/120622_fooc_japanese_dog_children.shtml BBC中文網 2012.6.26




日本は出生率が非常に低い国で、最近の研究によれば、このまま行けば1000年後に日本人はいなくなっていると推測されている。BBCの記者が見たものは子供を産むことよりもペットを飼うほうが良いという若い世代だ。これは経済、社会にどんな結果をもたらすのであろう。


初めて東京に降り立った。そこは真冬だ。


私たちは熱帯のスリランカに住んでいたため、日本の寒さには仰天した。特に当時3ヶ月だった赤ん坊は薄暗い空、冷たい雨、など経験したことがない。赤ん坊のコートさえ用意していなかった。私たちはすぐに赤ん坊の服を買いに行った。


マンションを出て通りを曲がると、小さなお店を見つけた。外装は派手で、やぼったく、値段も安くなかったが、買わないわけにはいかなかった。


服を選んでいると、私たちは戸惑った。これをどうやって子供に着せるというのだ?


この服はサイズはちょうど良かったが、形が変で、まるでマントのようだった。後から見ると、店の中には首輪やベルトがたくさん並んでいた。


そう、この店は子供服店ではなく、ペットのお店だったのだ。




・裸の犬はまれである


犬を愛する人はどこにでもいるが、日本のような飼い方をするところはそう多くない。裸の犬がいれば、かえって注目されてしまう。


日本には主人とペットが一緒にマニキュアを塗れるマニキュア店、主人と動物が一緒に食べられるレストランもある。ペットがなくなれば、仏教の儀式に基づき、千年の歴史あるお寺に埋葬される。




ペットに熱中し、子供を産まない人たちは増え続けている。


今の日本の出生率は1.39で、世界でも最も低い国の一つとなっている。


子供を産むには当然父母は犠牲を払わなければならないが、日本の女性はもっと深刻である。


職場では性別差別が問題となっていて、女性は受付やお茶汲みをさせられる。法律の規定により産休はあるが決して十分ではない。仕事が第一で、子供が病気になっても休んで世話を見ることもあまりない。


この結果、日本の女性は子供が産まれると、60%の人が仕事を辞めてしまう。他の先進国と比べてかなり大きな数字である。


多くの女性は仕事か専業主婦か選択を迫られる。結果的に“養育ストライキ”に等しい。

Next:日本人は子供は産まず、子犬を飼う2

2012年6月15日金曜日

キャンドルナイトin 梅田


最近2日間、大阪梅田でキャンドルナイトがありました。とてもきれいだったので、このブログでもシェアしたいと思います。


良いカメラ持っている人がたくさんいました。自分ももっと良いのがほしくなります。でも今のカメラも去年の10月に買ったばかりなのでもう少し我慢しないといけません。欲望には耐えます。欲に負けたら、人生負けです。








梅田にはもっとこういうイベントがたくさんあってほしい。大阪がもっと発展してほしい。アジア一の都市になってほしい。香港みたいに毎晩ライトショーみたいなのがほしい。

2012年6月14日木曜日

気軽に国際貢献してみる~KIVA~

KIVAというサイトをご存知でしょうか?このサイトを利用すれば気軽に国際貢献ができます。

KIVAは2005年にアメリカ人夫妻によって設立されました。KIVAのサイト上では途上国でお店などビジネスを始めたい人々が紹介されています。私たちはKIVAを通して、その人たちに資金を貸与するすることができます。ポイントは寄付ではなく貸与ということです。資金を提供し、彼らがお店を始め、利益を得たあと、借りた分を返済します。つまりこれは立派な融資なのです。クレジットカード一枚あれば、地球の裏側にいる人たちのビジネスを支援することができるのです!なんとも素晴らしいサイトです。
ちなみにこのサイトは『クーリエ・ジャポン』で知りました。

実際に僕もやってみました。

まずは「企業家検索」のページから支援したい人を探します。国別、男女別、業種別に探すことが可能です。人名をクリックするとその人の詳細が出てきます。プロフィール写真、ビジネス内容、目標額、現在までの融資額、返済予定日などが表示されます。



支援する人が決まれば、「この企業家に融資する」にクリック。ここから英語のページへ移動しますが、日本語ページで英語ページからの入力方法が説明されているので、そんなに困りません。

融資できる額は25ドルから。僕はフィリピンの女性に25ドルを融資しました。果たしてどうなることやら。少量の額ですが、お役に立てることを願うばかりです。

ここで気になるのが、本当にちゃんと返済してくれるのかどうか。しかし現在までの返済率は98%だそうです。まあ、もともと寄付するくらいの気持ちでするのがいいのではと思います。

定期的にKIVAからはメールが送られてきます(すべて英語です)。融資した人の情報などが送られてくるそうです。

僕もまた始めたばかりで細かいことはわかりません。何か変化が起こり次第、また書こうと思います。