2012年10月21日日曜日

週末海外!桂状節理帯 in チェジュ島

チョコレートランドを離れ、観光案内所のお姉さんが教えてくれた道筋をたどっていく。

たどり着く間には、超大きいホテルやら、

国際平和センターというものやら、

大きな会議ホールやら、

アフリカ博物館やらと、小さい島なのにいろんな建物があるなあ、と実感してしまう。

このアフリカ博物館の手前で右に曲がると桂状節理帯がある。料金は2000ウォン。これまた安い。貧乏旅の僕には大助かりである。

上の写真のように訪れる人々はたくさんいる。やはり中国人もいる。中国に一年いたのに、尖閣問題後に中国人を見ると、なんだか萎縮してしまう。話しかけてみる勇気がしない。


これが桂状節理帯である。25万年前から14万年前、噴火口から流れ出た溶岩が冷めて固まったものらしい。とても自然にできたものとは思えないくらいの5、6角形である。不思議なものだ。


アップで見ると割れ目がたくさんあるのがわかる。冷却され、固まる際に体積が縮まることから、こうなるようだ。それにしても海水がグリーンでとてもキレイ。


その反対側も木の緑色と海の青色と岩の灰色のバランスが良くてとても美しい。


海岸の手前ではみかんを売っているおば様たちがいます。とてものほほんとしている。こういうおばさんたちってどこの国でも同じような服装しているような気がする。

<<続く>>

0 件のコメント:

コメントを投稿