2012年9月25日火曜日

2泊3日の上海旅行で感じた事。〜外国語を武器にする中国人〜

2泊3日の上海社員旅行を終えて、一番印象に残っているとこはいかに中国人が外国語で勝負しているかだった。旅行の添乗員、お土産ショップ、お茶屋さん、ホテル、ここらにいたほぼすべての中国人が日本語を喋る事ができた(風俗店に誘ってくる人、偽ブランドを売ってくる人でさえ、簡単な日本語を喋っていた)。

彼ら彼女らは生活費を稼ぐため、そして生きていくために、(おそらくは)学生時代に学んだ日本語で、日本人観光客を相手に商売をしていた。決して流暢な日本語ではない人も全くおじけつかず、自分が覚えた日本語のすべてを駆使して、日本人と対等に会話をしていた。中国に旅行をして買い物をするとき、店員さんが日本語ができて助かったという人も少ないないのではないだろうか。彼らは日本人観光客相手に商売するため、必死に日本語を身につけてきたに違いない。しかも必ずしも皆が留学経験者ではない。今回のツアーを案内してくれたガイドさんもそうだった。国内学習だけで、日本人相手に商売できるまでになっている。相当の努力が必要である。

一方で、中国語や英語で勝負している日本人はいったいどれくらいいるだろう?僕が見る限り、観光地などで、中国人観光客相手に中国語で会話をする日本人店員はほとんどいない。あるとすれば、せいぜい中国人を雇って、彼ら彼女らに任せるかだ。日本人は中国でも日本でも中国人任せだ。

僕は“この違い”を痛感した。世界がグローバル化していく中で、外国語を武器に戦っている(商売している)人の比率が圧倒的に違った。 今回旅行を共にした他の社員の方々はこの違いを感じたのだろうか?日本語を使って商売する中国人を目の前にし、何も感じてないのであれば、呑気さもいいところだ。彼ら彼女らを見習って自分も外国語を習得しなくては!くらいは感じてほしい。

外国語ができれば仕事ができるわけではないが、日本語(母国語)だけで仕事ができるわけでもない時代だ。その適応力は明らかに中国の方が勝っている。自分は負けたと感じた。彼らに追いつかなければと感じた。僕も負けていられない。中国人は僕にとって本当に良いライバルだ。そう感じさせてくれた3日間だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿