2012年6月29日金曜日

日本人は子供を産まず、子犬を飼う1

http://www.bbc.co.uk/zhongwen/simp/fooc/2012/06/120622_fooc_japanese_dog_children.shtml BBC中文網 2012.6.26




日本は出生率が非常に低い国で、最近の研究によれば、このまま行けば1000年後に日本人はいなくなっていると推測されている。BBCの記者が見たものは子供を産むことよりもペットを飼うほうが良いという若い世代だ。これは経済、社会にどんな結果をもたらすのであろう。


初めて東京に降り立った。そこは真冬だ。


私たちは熱帯のスリランカに住んでいたため、日本の寒さには仰天した。特に当時3ヶ月だった赤ん坊は薄暗い空、冷たい雨、など経験したことがない。赤ん坊のコートさえ用意していなかった。私たちはすぐに赤ん坊の服を買いに行った。


マンションを出て通りを曲がると、小さなお店を見つけた。外装は派手で、やぼったく、値段も安くなかったが、買わないわけにはいかなかった。


服を選んでいると、私たちは戸惑った。これをどうやって子供に着せるというのだ?


この服はサイズはちょうど良かったが、形が変で、まるでマントのようだった。後から見ると、店の中には首輪やベルトがたくさん並んでいた。


そう、この店は子供服店ではなく、ペットのお店だったのだ。




・裸の犬はまれである


犬を愛する人はどこにでもいるが、日本のような飼い方をするところはそう多くない。裸の犬がいれば、かえって注目されてしまう。


日本には主人とペットが一緒にマニキュアを塗れるマニキュア店、主人と動物が一緒に食べられるレストランもある。ペットがなくなれば、仏教の儀式に基づき、千年の歴史あるお寺に埋葬される。




ペットに熱中し、子供を産まない人たちは増え続けている。


今の日本の出生率は1.39で、世界でも最も低い国の一つとなっている。


子供を産むには当然父母は犠牲を払わなければならないが、日本の女性はもっと深刻である。


職場では性別差別が問題となっていて、女性は受付やお茶汲みをさせられる。法律の規定により産休はあるが決して十分ではない。仕事が第一で、子供が病気になっても休んで世話を見ることもあまりない。


この結果、日本の女性は子供が産まれると、60%の人が仕事を辞めてしまう。他の先進国と比べてかなり大きな数字である。


多くの女性は仕事か専業主婦か選択を迫られる。結果的に“養育ストライキ”に等しい。

Next:日本人は子供は産まず、子犬を飼う2

0 件のコメント:

コメントを投稿