2012年3月16日金曜日

中国人が外国人との間で生じる10の誤解1

外国人と一緒にいて誤解が生じたことがありますか?中国と西洋の文化は違い、あることに対してのやり方や態度は違う。外国人との交流を円満にするためにも、よくありうる10の誤解と解決方法を紹介しよう。


1.褒める


西洋人は人を褒めたがり、同時に人に褒められるのを好む。しかし中国人は謙虚さを示すため人の賛美を“拒絶”する。この“拒絶”は外国人にとってはとても不思議で、まるで善意を受け入れないように思われてしまう。


また中国人は礼儀があり、人に対してなれなれしく、いつも興味を引く話をする。歓心を買うために、いつもお客さんに対し“You must be tired? Have a good rest(お疲れでしょ、休んでください)”と言う。しかし、このような言葉は西洋人に健康状態に心配していると思われ、誤解が生じる。彼らは若くあることや強くあることを好み、健康状態を疑っては、怒り出す可能性さえある。


2.感謝


中国人は家族や親友に対し、基本的に「ありがとう」と言う必要はないと考えている。しかし外国人は家族や友人に対し、よく「ありがとう」を言う。なので外国人と付き合う場合は「ありがとう」を言うのをけちってはいけない。感謝しなければ、外国人に礼儀知らずだと思われてしまうかもしれない。


3.旅行


中国人が友人と旅行をするとき、何か買うときに支払いをする人がまずみんなの分まで計算し、人数分を買う。たとえ要らないと言っていても、中国人はその人の分まで買うのだ。しかし外国人と一緒のときは、相手が要らないと言えば、絶対に買ってはいけない。(買わないという)決定を尊重しないといけない。もし何か欲しければ、直接言うだろうし、そのときにありがとうと言うのが彼らの礼儀なのだ。


http://overseas.cn.yahoo.com/ypen/20120314/923287_1.html (中国ヤフー)3月14日


次:中国人が外国人との間で生じる10の誤解2

2 件のコメント:

  1. とても興味深い、面白いブログですね。昨年、大阪城で写真を撮っているときに、ベンチに座っていた男性が、"Are you tired?" って私に話しかけてきたのです。中国の方で以前横浜に住んでいたとか。しばらくお話をしました。でもそのあと、私は疲れた顔をしていたんだと、ちょっとへこみました。が、きっとあれは挨拶の代わりだったんですね。やっと誤解がとけました!!

    返信削除
    返信
    1. それはそれは。そんなことがあったんですね。お役に立てて良かったです。

      削除