2012年3月13日火曜日

外国人の目に中国人留学生はどう映っているのか1





料理好き、伝統を重んじる、勤勉、このようなレッテル以外に、外国人学生には中国人留学生がどのように映っているだろうか。中国人留学生と交流したことのある世界各地の4人の学生に意見を述べてもらった。


「中国人留学生は3つのタイプに分けられる」


現在イギリスのウェールズ大学で学んでいる女子学生キャロリンは中国人留学生と一緒に生活しており、寮には5人の中国人(大学生から博士課程の学生まで)がいるという。「彼らはとてもフレンドリーで他国の学生となんら違いはなく、同じように笑ったり楽しんだり、友達とパーティーをするのが好きなの。唯一の違いは熱中して料理をすることね」と彼女は話す。「彼らは本当にすごいわ。だってたくさん料理を作るんだもの。お皿一枚で済ませちゃう私とは違うわ」。


彼女の目には、中国人留学生は3つの姿に映っているようだ。西洋社会に溶け込みたいと考える中国人、少し抵抗はあるが変わろうと努力する中国人、あんまりグループには加わらない中国人の3つのタイプだ。中国人学生はとても西洋化していて、イギリス音楽を聴いたり、パーティーをして他の留学生と楽しむ。しかし閉じこもる人もおり、集団的な活動には参加せず、自分の部屋にずっといる。彼女はこれについて、彼らの出国前の経歴と関係があると考える。「例えばめったに人と交流しない男子学生はおそらく初めての海外で、海外の環境に慣れておらず、また言語的な問題もあり、閉じこもってしまうのです」。


新しい環境について言えば、“中国・インドショック”だと彼女は言う。一人の中国の女子学生がいつも冷蔵庫にたくさんの食べ物を入れるため、他の人たちが置く場所がなくなってしまっている。そして一人のインドの女子学生はこのことにとても不満を持っていて、その中国人の物を勝手に外に出してしまう。「なんでこんな子供みたいなことするの!」とインド人学生は怒鳴り、キャロリンが毎回止めに入る。まるで自分達がアメリカと中国とインドの大使の関係のようだ、と話す。

http://overseas.cn.yahoo.com/ypen/20120313/920803_1.html (中国ヤフー)3月13日

次:外国人の目に中国人留学生はどう映っているのか2



0 件のコメント:

コメントを投稿