2012年3月3日土曜日

『クーリエ・ジャポン4月号』



僕の愛読雑誌『クーリエ・ジャポン』の4月号、今回の特集は「闇ビジネス」。何でも運ぶロシア人パイロット、インドでのサイの密猟、国境を越えての臓器売買など、世界の様々な闇ビジネスを紹介しています。僕が中国にいてる間、何人もの物乞いの人たちに遭遇しました。おそらく彼らのほとんどは裏に人がいて、操作させれています。。ビジネスとして物乞いをさせられています。僕が住んでる大阪でも、生活保護受給者が無料で手に入れた薬を他人に売っている現状があります。闇ビジネスは思っているより身近に存在するかもしれません。ただ本誌で紹介されている闇ビジネスはとにかく規模がデカイ!!

話は変わりまして、本誌の冒頭に「世界で愛されている国ランキング」というのがあるんですが、1位はカナダだそうです。残念ながら日本はトップ10外。ちょっとショックです・・・・。


そして、最後の「読者の声」では僕のコメントが掲載されました。図書カードをもらえました。これでまた本が買えます。


0 件のコメント:

コメントを投稿