2012年2月5日日曜日

教官が言っていた中国人留学生の話~中国人の面子とは?~

僕は今自動車学校に通っているのですが(そのために鳥取にいる)、今日、担当してくれた教官が興味深い話をしてくれました。その教官が中国人留学生の教習生を指導していたときのことです。

その中国人留学生は運転の練習中、段差のあるところに落ちそうになった。しかしその教官はわざと注意せず、そしてそのままその段差に落ちてしまった。もちろん注意しなかったのは、落ちて学ぶこともできるし、落ちた後の対処法を教えるためだ。しかしその中国人留学生は「なんで落ちる前に注意してくれなかったのですか?」と怒鳴りだし、「落ちたせいで、僕が恥をかいたじゃないですか」と嘆いたという。

これには教官もかなりびっくりしたそうです。そしてこれが「中国人の面子」というべきものでしょう。人前で恥をさらすのが耐えられない(実際にはあなたのミスなど誰も見ていないのだけれど)。

中国人がプライドが高いのはわかりますが、自分がミスを起こしたのに、それをさておき、人を非難するなんて(しかも教官を)、人間性を疑ってしまいます。素直にミスを反省してほしいものです。

その中国人留学生は日本で運転免許を取得しようとするくらいですから、ある程度お金持ちで、よりプライドの高い人間だったかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿