2012年2月11日土曜日

鳥取県岩美町を巡る1

自動車学校が午前中で終わりということもあり、鳥取駅から3駅(3駅といってもそこそこ距離はある)の場所、鳥取の岩美町を訪れました。雨と雪が降ったりやんだりという条件のもと、久しぶりの旅気分です。

鳥取駅で切符を購入。320円。自動改札口はなく、駅員が切符にハンコを押してくれます。懐かしい(僕が小学生の時は、大阪もまだそうだった)。電車は1時間に1本。待合室でテレビを見ながら、出発時刻まで待ちます。

出発時刻5分前になり、ホームへ。電車はすでに到着おり、寒いしさっそく入ろうと思ったんですが、なぜかドアが開いていない・・・。すると隣にいた乗客がドアのそばにあるボタンをポチっと押し、ドアを開けました。ドアが自動ではなく、手動だった!!日本にもこんなのあったのか!

椅子それぞれ向かい合いになっていて、中国の列車を思い出させます。

電車の先頭はこんな感じです。運転室にはドアはなく丸見え、その上には料金表があります(切符を購入せずに乗車したお客のためのようだ)。その手前には整理券受け取りやお金を投入するところで、奥にはゴミ箱もあります。これは何かと便利です。

鳥取駅から約30分で岩美駅に到着です。いかにも田舎の駅です。ホームの中央には雪がどっさり!!

雨と雪が降ったりやんだりの天候で、ここまでは何とか傘なしで来れましたが、ここからはそういうわけにもいかず、どこかで傘を買おうと思ったのですが、駅の中のキオスクでは販売しておらず、近くにコンビニもない。

そんな時、助けてくれたのがここ。観光案内所のようなところで、お土産の販売や自転車のレンタルをやっていて、奥には4,5人の事務員が黙々と仕事をしているこじんまりとしたところです。僕はここで、傘を販売してないか尋ねると、売ってないとのことでしたが、親切な事務員さんが傘を貸してくれました。本当に感謝です。

ここから町営バスで海岸へと向かいます。

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿