2012年1月29日日曜日

なぜ中国人は韓国人が嫌いなのか3

5.北京オリンピック開幕式の暴露


7月28日夜、北京オリンピック開幕式のリハーサルの現場で、撮影機材を携帯していた韓国のSBSテレビがリハーサルの様子を盗撮した。翌朝8時、2分09秒のオリンピック関連の映像を番組の中で公然と放送し、そのうち1分間は開幕式のリハーサルの様子だった。それと同時に女司会者が解説と批評をした。開幕式の演出は機密だったのに、選手入場などの内容が全部暴露されてしまった。


このニュースが流れると、各国のメディアとネットユーザーは次々とSBSの恥的行為を非難した。SBSの代表者はリハーサル映像について、特別な意味はなく、韓国の視聴者にオリンピック開幕式の盛況さを見てもらいたく、またオリンピック熱を巻き起こしたかった、と語った。これは韓国式の強盗まがいの論理であり、世の中を驚かせた。


開幕式のリハーサルの際、撮影機器の携帯は許可されていたが、慣例上、開幕式の内容を事前に放送しないのが筋だ。SBSの行為はオリンピック史上初めて、黙約を破っただけでなく、人々の期待や楽しみを奪ったものだ。

http://overseas.cn.yahoo.com/ypen/20120104/795298_6.html(中国ヤフー)1月4日

0 件のコメント:

コメントを投稿