2011年10月30日日曜日

「你下吗?」~中国地下鉄でのルール~

何かとマナーが悪いと言われる中国人ですが、そんな彼らにもルールのようなものはあります。例えば、地下鉄の中。中国の地下鉄に乗っていると、「你下吗?」と聞かれるかもしれません。これは「次、降りますか?」という意味でして、話し手が「私は次の駅で降りるので、もし降りないんだったら、場所を換わって下さい」とドア側付近の人にお願いしているわけです。電車の中は混雑していることが多いので、あらかじめドア付近に立っておかないと降りられない可能性があります(中国の人はあまり降りる人を待ってくれませんし)。なのであらかじめドア付近に立つためそのように聞くのです。

この「你下吗?」と聞くルールはかなり浸透しておりまして、北京の地下鉄に乗れば、必ず聞くと思います。もし聞かれて、次の駅で降りないのであれば、場所を譲ってあげましょう。また自分が降りたければ、「你下吗?」と聞いてみましょう。また「让一下(通らしてください)」もよく使います。

これで少しは中国通になれます!

2011年10月26日水曜日

玉造にある焼き小龍包のお店

僕の地元・玉造にある焼き小龍包のお店を紹介します。名前は『弄堂』、とても小さなお店です。1階は立って食べるスタイルで、2階にはテーブルがあります。スタッフは全員中国人です。

4個380円から、偶数個ならいくつでも注文できます。中に汁がたくさん入っているので、まずそれを口に流し込むのがコツです。上手く食べないと汁が飛び出ます!!

小龍包以外にもメニューはあります。とても可愛らしいのがこれ。中国の工芸茶です。

お茶の中で花が咲いてます。視覚でも楽しむことができます。250円です。
その他、ジャージャー麺や水餃子、青島ビールもあります。

駅から近いので、玉造を訪れたときにはぜひ!

2011年10月24日月曜日

中国のバイクは恐ろしい

中国へ行って驚くことの一つといえば、バイクに乗っている人がヘルメットをしないこと。まったく自分の命が惜しくないのか!!

驚くのはこれで終わりません。道路が渋滞していたとき、バイクが平気で歩道を走り出すのです。しかも歩道を歩いている歩行者に対してクラクションを鳴らします。まったく信じられません・・・

教習所で何を学んでんだか??

2011年10月23日日曜日

中国の迷い方・ひとまず終了

約5ヶ月にわたって、旅の様子を綴っていき、すっかり旅がメインのブログになってしまいました。もともともは自分が実際に見た等身大の中国を伝えるという目的で始めたのですが・・・まあ旅の様子も「等身大の中国」の内に入っている思うので。

「中国の迷い方」はひとまずこれで終了です。また中国を旅する機会があれば、書いていきたいと思います。また、旅の最中、「中国の迷い方」を書くにあたって、ダイヤモンド社の『地球の迷い方』は大変参考になりました。名前ももじらせてもらってますし。本当に感謝です。

2011年10月22日土曜日

中国の迷い方・从化

ド田舎に行ってきました。広東省の从化というところです。



ここでご飯をいただきました。友達の友達の家です。

ここはライチ畑が有名です。このときは季節外れなので、実はなってません。

バナナもあります。

バナナの花。


《続く》

2011年10月20日木曜日

中国の迷い方・ナイトクルージング

広州のユースホステルの向かいには川があり、そこでクルージングを楽しむことができます。



料金は60元程度。所要時間は1時間弱です。

広州アジアオリンピックのロゴマークもありました。

他の船もキレイです。

僕の友達。

《続く》

2011年10月19日水曜日

中国の迷い方・北京から広州へ

2010年12月31日、どうしても会いたい友達がいたので、僕は北京から広州へ向かうことになりました。その乗車時間は約24時間!!僕は列車の中で年を越すことになりました。

そのときの切符がこちら。
約5000円で広州までいくことができます。

24時間、寝ることしかすることがありませんでした。列車の中でも無線LANあったらいいのに。

《続く》

2011年10月17日月曜日

中国の迷い方・天津で発見!怪しいキャラクター達!!

天津で何かの一周年記念が行われており、歌やダンスなどのパフォーマンスが行われていました。



そんなイベントに紛れていたのが彼ら!!


ちょっと昔に話題になった中国のパクリ遊園地を彷彿とさせるこのちょっと怪しいキャラクター達。まさか天津で出くわすとは!!

 ミッキーもいました。
そしてドラえもんも!!なんて細長いんだ・・・

記念撮影を撮る人もたくさん!





ほんでもって、最も驚いたのがこちらの写真。
 おばさんに道を尋ねられて、顔をとるミッキー!!!
その顔を女の子がかぶり、記念撮影。夢はどこへやら・・・・

《続く》

2011年10月15日土曜日

中国の迷い方・夜の天津駅

夜の天津駅周辺は上海のバンド並に光り輝いています。




 天津の有名な橋、解放橋です。


天津の象徴、巨大な時計です。本当に正しい時刻を指しています。これはスゴイ!!

《続く》

中国の迷い方・五大道

かつてイギリスの租界地だった五大道。上海と並んで天津でもヨーロッパ風の街並を楽しめます。

馬車で観光することもできます。1人20元みたいです。

これ確か有名な建物なんですが、なんの建物かさっぱり覚えてません・・・。

立派な教会もありました。中は撮影NG。

《続く》


2011年10月10日月曜日

中国の迷い方・古文化街

天津の古文化街、古い町並みを再現しており、骨董品などが売られています。


ものすごい数の急須がきれいに並べられてます。







僕がここへ来た一番の目的はこれです。巻物に自分の名前を鮮やかに書いてくれます。この技は本当にスゴイ!!しかもこれが500円っていうんだからもっとスゴイ!!にほんだったら3000円くらい取られそうなのに。

《続く》

2011年10月8日土曜日

中国の迷い方・天津

天津です。北京から特急で30分のという非常に行きやすい都市です。僕は安い列車で行ったので2時間ぐらいかかりましたが。

天津駅周辺は大きな広場となっております。目の前の高いビルも印象的です。

天津タワー、高さ415メートル。こんな高いタワーが天津にもあったんだ。

これから少しずつ天津で撮った写真を紹介していきます。

《続く》

2011年10月6日木曜日

中国語学習書の良書『完全マスター中国語の文法』

僕が良いと思っている中国語の学習書を紹介します。

『完全マスター中国語の文法』

書店で並んでいる中国語の学習書を見ると、そのほとんどが会話形式のフレーズばかり書いてあって、それをCDで聞くみたいな感じの本ばかりです。文法的に論理的に学びたい人にはあんまり適していません。

ですが、この本は中国語の文法が詳しくわかりやすく書いてあります。文法的に勉強したい方にはかなりオススメです。大学の教科書みたいに大きすぎたり、分厚すぎたりしてないですし。

今までまったく中国語に触れたことない人でも、この本からなら始められると思います。僕もそうでした。


2011年10月4日火曜日

中国の迷い方・北京へ戻る

これで僕の中国45日間の旅は終わりです。移動距離は一万キロにもなりました。旅の途中ではいろいろな人と出会い、いろいろな観光名所を満喫し、いろいろなつらい体験もしました。一年前のことですが、いまでも鮮明に記憶が残ってます。それだけ僕の中に深く刻み込まれており、今までの人生の中で最も自分が輝いていた時でした。チャンスがあれば、もう一度長旅に挑戦したいと思います。

いろいろと写真と文章で中国の各地を紹介してきましたが、これから旅行される方の参考になれば嬉しい限りです。そして写真を見て中国のイメージが変わってくれればもっと嬉しいです。それがこのブログの主旨なので。

この後天津ともう一度広州に行ってきたので、「中国の迷い方」はもうちょっと続きます。

ちなみに最後は成都から36時間の鉄道に乗って北京に戻りました。最長です。

《続く》

2011年10月2日日曜日

中国の迷い方・ダンボール犬

九寨溝から再び10時間のバスに乗り、成都へ戻ります。バスの中はまあ退屈だったのですが、となりのおばさんがいいものを持っていました。

ダンボール犬です。ダンボールに穴があいており、そこからこの犬が愛らしく顔を出してきます。



《続く》