2011年12月12日月曜日

スクールバスの特権

校车特权

2011年12月10日、スクールバス条例草案の中で、バスが学生を送迎する際、そのバスは優先的に通行できるようになり、煙台地区の学生はすでにアメリカ式のスクールバスで通っている。この種のバスにはGPRS測定システムは配備されており、スクールバスの安全性を高めている。スクールバスの資金問題はずっと外界から注目されており、十分な資金がなければ、安全性は保障できない、と言われてきた。今回のスクールバス条例では、関係部署に対し、責任を持って明確な規定の作成を受け持つこと、公安部もスクールバスの安全性や品質について責任を負い、関係部署の職責で生産し、そして地方政府も責任を持つこと、とした。


筆者は前回の”定員超過スクールバス”の体質は問題で、学校のスクールバスの管理能力が十分でない、スクールバスの体質、管理を改善し、学生の登下校に優れた安全サービスの提供を計画することが合理的だと考える。また運転手は厳しい審査の上、任命されるべきで、スクールバスの管理については、バスは私用、乱用してはならず、学生の送迎のみのために使用されなければならない。規則違反があった場合には免許を剥奪され、いかなる理由であっても規定以上の定員を乗せてはならない。怪しいスクールバスを見かけ通報があれば、現地の政府がすぐに処理し、報告をする。学生を送迎しているときは追い越し運転を禁ずるべきである。
http://news.v1.cn/mil/2011-12-12/1323656535906v.shtml(第一視頻新聞網)12月12日

「前回の定員超過バス」というのは、小さい子供をたくさん乗せて、事故を起こし、多数の犠牲者を出したあのバスのことでしょう。

この筆者はスクールバスは私用するなとか、濫用するなとか、当たり前のようなことを書いてます。そこから言わなければならないのか!って感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿