2011年9月16日金曜日

中国の迷い方・世界最大の大仏 in 楽山

世界遺産の世界最大大仏を見に行きます。まずは成都からバスで楽山まで移動します。約2時間くらい。

バスの切符を買うとき、その時は朝だったのですが、切符の表示されているのは「16時発」、何でこんなに遅いんだと切符売り場のおばさんに聞いたら、「時間なんて関係ないんだよ!!とにかく乗りゃいいんでだよ!!」とキレられた。客に対して怒鳴る中国の従業員、どうにかしてほしい。

楽山からさらに市バスに乗り、大仏のあるところへ移動。

大仏の入り口です。ここからではまだ大仏は見えません。


大仏にたどり着くまでにも、いろんな見どころがあります。

毛虫もたくさんいるので、気をつけてください。


15分ほど歩いて、ようやく到着。大仏の頭が見えてきます。頭だけで高さが14メートル。

ものすごい福耳。これが完成されたのは809年なのですが、この頃から耳たぶが大きいほうが良い、という考えがあったんでしょうか。

下から見ると、こんな感じ。カメラに入りきりません。

みなさん、大仏に向かって拝んでます。

サイドから撮影。爪までしっかりと掘られてます。

他にもいろんな角度から撮影したものがfacebookにたくさん載せられているので、そちらもよろしくお願いいたします。中国の迷い方

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿