2011年9月5日月曜日

中国の迷い方・また再び広州

広州→三亜→広州→深圳→香港→マカオ→珠海→広州といった感じで旅をしてきました。これが3度目の広州です。僕にとって広州は大事な経由地でした。

広州のユースホステルのロビーで、パソコンと『地球の歩き方』を広げ、九寨沟への具体的な旅の計画を立てていました。すると真向かいに座っていた上海から来たという若い女の子が声を掛けてくれました。

女の子:「九寨沟に行きたいの?」

僕:「そうだよ」

女の子:「あそこは今行けないわ」

僕:「なんで?」

女の子:「この前発生した土石流のせいで、道がふさがっているはずだわ。バスが通れないんじゃないかしら」

彼女はネットで検索しどこかに電話をしてくれて、バスが通っているのか確認をしてくれました。すると答えは通ってない、ということでした。九寨沟は僕の旅の最大の目玉、何が何でも行きたい場所でしたので、そのように言われたときはとてもショックでした。

しかし僕は諦めず、(彼女を信用していないわけではないのだけれど)九寨沟の観光局やユースホステルなどに自分で電話をしてみました。何でも自分で確認しないと気がすまない性質なので。すると彼らはバスはある、とのこと。希望の兆しが見えました!!けれども成都のユースホステルを予約するさい、ついでに聞いてみたら、バスは休止しているとのこと。いったい誰を信じればいいのやら・・・。

今そのことを悩んでても仕方がなかったので、とりあえず忘れることに。この日の夜には桂林へ向かうため、広州駅に出発。ユースホステルを出る際、ものすごいギャル風メイクの女の子に突然肩を叩かれる。誰だ!?

よくよく見ると、さっきの女の子ではないか!?。さっきはノーメイクだったのに、その変貌ぶりにただただ唖然です。女って怖い・・・でもそのギャップに少し惚れてしまった笑

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿