2011年8月30日火曜日

中国の迷い方・世界遺産の街を歩く

マカオは世界遺産の街でもあります。それがここマカオ歴史市街地区(澳門歷史城區)です。街全体が世界遺産として登録されています。

西洋風の建築物や教会が建ち並ぶ非常に美しい街並みです。

これはセナド広場に面する仁慈堂です。18世紀後半に建てられたもので、2階は博物館となっています。昔は慈善活動の施設として活躍していました。

聖ドミニコ教会です。1587年に建てられた中国最古の教会です。

聖ポール天主堂跡です。1835年の火事で、今のような壁面のみの姿になってしまいました。

よく真ん中の隙間に鳩がとまります。

そこから下をみるとこんな感じです。カジノの巨大な建物が見えます。


ここからは綺麗な街並みを撮った写真をいくつか紹介します。







世界遺産の街の綺麗さには本当に魅了されました。今回行ったのは夜だったので、次回はお昼にいってみたいものです。そしてもうちょっと良いカメラを買って、良いカメラで撮りたい。この時のカメラは夜だとどうしてもブレてしまうので・・・

《続く》

2 件のコメント:

  1. かなり以前に行ったことがあります。
    買う気がなかったのに宝石店に連れて行かれ、表示価格のいきなり半額から価格交渉が始まり、かなりうさんくさい店だったのを今でも覚えています。
    あの頃は世界遺産という言葉も無かったな~。

    返信削除
  2. そうなんですか~!!僕が行ったときはそういうイヤな客引きとははいませんでしたけどね。とにかくマカオは大陸や香港とは違い、綺麗だし、マナーも良いし、まったく別世界って感じでした。

    返信削除