2011年8月20日土曜日

日本観光経験ある中国人、日本に行って不満に思ったことアンケート

微博を見ていたら、面白そうなアンケートを発見しました。「中国人が日本に旅行したとき、不満に思ったこと」。

第1位は言葉(英語)が通じない。
日本に観光にくる中国人はある程度お金持ちで、エリートで、ちゃんとした教育を受けてきて、英語もそれなりにできる人たちが多いと思うので、そんな彼らからすれば、英語が通じないと感じるのは当然かもしれません。

第2位は外国人向けの案内板が少ない。
JRとかなら英語、中国語の表記があると思うのですが、それでも全体的に見れば、まだまだ少ないのでしょうか。自国の人でも知らない街行けば、よく迷ったりするので、外国人ならなおさらでしょう。でも中国人なら漢字を見てだいたいわかりそうな気もするんだけどなあ~

第3位は値引きしてもらえなかった。
これはいかにも中国人らしい笑。日本には値引きの習慣がないことくらいはちゃんとわかってもらいたいです。

第4位は人が冷たい・不親切。
中国の場合は値引き合戦で白熱するので、ある意味“冷たく”はないですね笑

第5位ATMが不足している。
中国の人はコンビニの中にATMがあるとこを知っているのでしょうか?またはこれは銀聯カードを使えるATMが少ないということかもしれません。

このアンケート見て思ったのは、日本人が中国に行ったときにもだいたい同じような不満がでるんだろうなあ、ということです。日本も中国もどっちもどっちです。旅行したとき不満に感じても、自分の国もそう思われているんだって意識しておくことが大切です。

0 件のコメント:

コメントを投稿