2011年6月29日水曜日

中国の迷い方・上海万博!!石油館

石油館です。このパビリオンは中国の石油会社の出資により建てられたものです。はじめは石油館と聞いて、何だかつまらなそうだなあ、と思っていたのですが、実際入ってみると大満足でした。

石油館周辺ではこのように水が飛び出しています。

子供達が楽しそうに水を浴びてます。なんせ暑いですから。大人もしてました。

中に入るとマリリン・モンローがいました!

クルマがぶら下がってます。

画面がたくさん!

石油館のマスコットと万博のマスコット。

さて、石油館のメインは4D映画。4Dって言葉、ここへ来て初めて聞きました。映画が始まるとその意味がわかりました。映像は3Dで、それプラス映像の中で風が吹くと、実際に僕に風が吹いてくるんです!車がぶつかると、実際に座席が揺れます。タイミングも強さも映像とぴったりでかなりリアルです。

中でも一番リアル(気持ち悪かった)のは、蛇がこっちへ襲ってきて、僕の下に潜りくんだ瞬間、椅子のお尻の部分が、グニャっとなり、まるで本当に蛇と接触した気分を味わいました。

他にも蜂が襲ってきたりと、4Dって何か観客に驚かせる(イタズラする)ためにしか使われていないような・・・

それはそれでいいのですが、もっと観客を喜ばせる使い方ができないものかって思います。例えば映画の中で強盗が銀行で金を奪ったのはいいものの、逃走中に二トントラックに轢かれてペシャンコになって、現金を詰めていたカバンはぶっ飛び、お札が飛び散る、そしたら実際に上からお金が降ってくるとか。

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿