2011年6月16日木曜日

中国でのお買い物

中国でお買い物をしたとき、例えば値段の合計が52元で、100元札を出したら、必ずと言っていいほど「あと2元ありますか?」と必ず店員さんに尋ねられます。

日本だと店員さんがお客さんに対してそんな厚かましいことは言えないですよね。でも中国は言います。堂々と言います。中国の店員さんはお客さんのほうが立場が上だとは考えてません。対等な関係です。

日本人だと少し抵抗を感じるかもしれないですが、逆に日本は接客が丁寧すぎて、その結果エラそうにする客が多いように感じます。

中国のようにお店側がお客さんに堂々と物申せるのも、なんだか羨ましいように感じます。

2 件のコメント:

  1. 実は~たくさんの中国人が、小銭があんまり好きじゃないです

    返信削除
  2. そうですか。中国のお金は細かすぎますよね、「份」とかもあるし。それだったら500元札、とか1000元札とか作ったほうがいいような気がします。

    返信削除