2011年6月11日土曜日

中国の迷い方・南京から上海へ

7月29日、南京を離れ列車で大都市・上海に向かいます。南京は意外に自然もあり、また中華民国時代の首都だったということで、それに関する博物館や歴史的な建物がたくさんあり、歴史好きにはたまらないでしょう。地下鉄も通っているので、移動も便利です。
列車は30分遅れで出発しました。30分くらいならまだ良いほうです。乗ったときは空いていたので、とても快適だったのですが、だんだん「無座(席無しのチケット)」の人が増えてきて、中国の列車らしくなってきました。中には列車の中で痰を吐くおじさんもいました。まったく!

しかしそれより驚いたことがありました。ちょうど上海に着いた時くらいに、中国の携帯会社から僕の携帯にメールが来ました。内容は「上海へようこそ!!」

なんでオレが上海に来たってわかるんだ!!!!!!


おそらく電波などを使って、ある範囲に入れば、自動的にメールが送られるシステムになっているのでしょう。僕は後日上海万博に行くことになるのですが、万博に入場したときも「万博へようこそ!」とか万博のイベント情報などのメールが送られてきました。

便利といえば便利なのですが、自分の居る場所が特定されているみたいでなんだか恐いです。これが変に政治利用とか民主活動家の拘束とかのために使われないか心配です。まあ、おそらく使われているだろうけど。

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿