2011年6月2日木曜日

中国の迷い方・南京に到着

7月27日午前4時、南京に到着しました。まだ朝4時で地下鉄は動いていないので、近くの路上でお粥を売ってるおばちゃんの屋台で朝食をとりました。自分のモットーに従い、タクシーは利用しません。

お粥と肉まん一個を食べました。値段は全部で2.5元。味は悪くありません。ここでも隣に座っていたおじさんと話をしました。そのおじさんは数日前までシンガポールで働いていたそうです。旅は実にいろんな人と出会えます。

6時くらいになって、そろそろ地下鉄もあるだろうと思い、駅に向かって歩き始めました。するとお腹がだんだん痛くなってきてきました。まさかさっき食べたお粥のせいではあるまいか!!と僕は直感しました。そのお店のせいとは限りませんが、そういう路上で食べ物を売っている店はやはり衛生的に問題があるところが多いようです。身をもって体験してしまいました。

トイレに行きたかったのですが、トイレがなかなか見つかりません。中国のコンビニにはトイレは無いですし。結局地下鉄の駅まで行って、トイレを探しました。掃除をしていた駅員にトイレはどこか?と聞いたら、ホームの中だということで、先に切符を買って入らなければいけませんでした。この時もうほぼ限界でした。本当に我慢できるかわからないところまできていました。しかもホームに行くためには階段をおりなければなりません。これがまたキツイ!ホームに着いたのはいいものの、トイレがどこにあるのかわからない。再び駅員に聞くと、一番端っこだと言いました。僕は端っこまでの距離がものすごく遠く感じました。実際は20メートルくらいだったと思うのですが、あの時の僕には20メートル歩くのも過酷でした。

まあ、結果的には無事間に合ったのですが、これ以降僕はやたらとトイレを意識するようになってしまいました。近くにトイレがないと不安になり、街を歩くときもトイレがどこにあるか、常に確認しながら歩いてました。もうこんな思いはしたくはない思っていたのですが、その後何回か同じような体験をしてしまいます。

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿