2011年6月1日水曜日

中国の迷い方・中国の長距離バス

中国の長距離バスの中です。椅子ではなくベッドが設置されて、十分寝転ぶことができます。ご覧の通り二段式です。上にも人がいます。写真の下は僕の足です。暑かったので、ズボンのすそをまくってます。

バスに乗り込むと運転手に一番後ろに行くよう言われました。初めての長距離バスだったのでウキウキ気分で入り込んでいったのですが、言われた席が悪いということに気がつきました。そこはトイレの隣で、ニオイはしませんでしたが、バスが揺れるたび保存されている水がぽちゃぽちゃという音を発し、あんまり気持ちのいいものではありませんでした。しかも他の乗客は完全に1人用のベッドなのに、僕のところだけ3人並んで寝るということで(ほとんど補助椅子ならぬ補助ベッドのような感じ)、おかげで僕はオッサンと一緒に寝るハメに・・・まあ、喋ったりして楽しかったけど。

この状態で約9時間。寝転べるだけかなりマシです。日本でもこのベッド式のバスを導入したら、意外と受け入れられるかもしれません。

《続く》

0 件のコメント:

コメントを投稿